久しぶりの文房具記事。
本ブログはもともと文具ブログとして始めたブログだったしります。

愛してやまない大好きなブランド、モンブラン。

レザーオーガナイザーノート「MONTBLANC Meisterstück Notebook Medium」を入手しました。
モンブラン銀座本店にて・・・。


IMG_3717.jpg


もうずっと前のモンブランが好きになった頃からマイスターシュテュックのノートが欲しいなーと思っていました。

IMG_3718.jpg


フルグレインの高品位なしっとりとした質感。
手にしたときの恍惚感・・・たまりません。

IMG_3729.jpg


超愛用の万年筆、マイスターシュテュック ダイヤモンド クラシックを装着。

IMG_3721.jpg

IMG_3720.jpg

A5幅広の特殊サイズ、丸背上製本。
ノートのレベルを超えています。

IMG_3727.jpg

この上質なリフィルがまたノートというレベルではない価格なのですが、一年に一冊と考えれば・・・。


IMG_3758.jpg


名刺入れとして愛用しているマイスターシュテュック モーツァルト ノートパッドと比較。
モンブランのマイスターシュテュックは使いこむと黒光りしてきます。
銀座本店のベテラン店員さんが、この小さなモーツァルトサイズのペンを見て「貴重なものをお持ちですね、大事にしてください」と言ってくれました。


IMG_3741.jpg


使えば使うほどに味が出てくるのが、モンブランの魅力。
これを持って、広げて、仕事をするとき、モードが変わります。
このノートに負けない仕事をしなければいけないと。
自分を奮い立たせてくれるノート。

一生大切に使います。

ありがとう。
2013年も残すところ今日を入れてあと3日。

今年は本当にいろんなことがありましたが、総じてかなり良い年でありました。

2014年はさらに熱い年になることを願い、スケジュールノートはモレスキンの赤いハードラージを選びました。

MOLESKINE 2014 Weekly Notebook Diary/Planner Hard Cover Red




新宿のTHE CONRAN SHOPで購入。特価の2,058円で売っていました。




開封してみました。すごく赤いです!




これ使っていたら目立つだろうなぁ・・・。

ゴム紐も赤。




しおりも赤。




年間プランニングページ。




週間スケジュールページ。




ステッカーもいろいろとついています。




白と赤のコントラストが、日本の国旗のようで嬉しいです。




来年はこのスケジュールノートと共に頑張ろうっと!
数年前に買ったものの、ずっと使わずじまいだった万年筆、モンブランのLeGrand 146が最近オキニです。




ペン先はM-nib。数年前、買ったときはどうにも線が太くて、握った感じがどうにもしっくり合わず、お蔵入りになっていました。




でも最近、ある試験を受けなければならず、その勉強のためにガリガリと多くの文字を書く必要があったのですが、ClassicのEF-nibでは量を書くにはどうにも心細い。ガリガリと字を書きなぐるにはEFのペン先は不向きなのでしょうか。LeGrand M-nibとClassic EF-nibとのツーショット。




本当に、いくらでもガリガリと書けますわ。書き味最高!


LeGrandを入れていたペンケースはモンブランの4810 WESTSIDE 1 PEN POUCH。1本挿しのペンケースでウエストサイド特有のマットな革の質感が個人的に好物です。






このペンに入れたインクはモンブランのミッドナイトブルー。鉄ガリウム含有のパーマネントインクです。




色は絶品。まさしく「万年筆のインク色」みたいな。書いた直後は澄んだ深い青色で、時間の経過とともに濃紺になっていくんですよね。これは鉄ガリウムの酸化による化学反応による色の変化。酸化して用紙に定着するから、退色したり、水で流れたりすることがない。この色の変化を楽しめるのも、万年筆の楽しみのひとつなんですよね。




LeGrandのM-nibは長時間使っていて全然疲れないし、ペンを気遣うストレスも必要がない。インクはペン先からヌルヌルと落ちて行きます。さすがはド定番の万年筆だな~と感じさせられます。

I love Montblanc!
先週は大阪5泊6日、今週は名古屋4泊5日で本日東京に帰ってまいりました。
出張続きのとっちです。


今回の名古屋出張の宿泊先は「ヒルトン名古屋」です。




日中は超絶忙しく長丁場でもあるので、寝泊まりするところくらいは少し贅沢して身体を休ませたいです。

部屋は上階のデラックスルーム、眺めがいいです。




夜景も素敵~




上からはこんなのも見えます(笑)




宿泊客の半分くらいは欧米人です。このホテルではアジア系の宿泊客も品がいいです。

ソファでリラックス~




机には私の相棒達。



モンブランの万年筆と名刺入れ、そしてYOSHIDAのIDカードフォルダー。
私が最も大切にしているビジネスガジェット3点セットです。

この名刺入れは、モーツァルト・サイズの万年筆を入れることができます。




私がこの名刺入れに入れている万年筆は、モンブランのソリテール、ラムセス二世モデル。



キャップにはラピスラズリが装飾されています。

ラピスラズリは、持つ人に幸運と聡明な心を招く宝石。私はこの万年筆を筆記用具としてではなく、ビジネスのお守りとして名刺入れに入れています。

ホテルでの朝食です。2階にあるラウンジでビュッフェをいただきます。




お料理をたっぷり取ってしまいました。出張で疲れていると、ついつい食べ過ぎてしまいます。ポルチーニのスープは絶品でした。

さて行きましょうか。




素敵な雰囲気と質の高いサービスで、仕事に向かう私を気持ちよく奮い立たせてくれます。

ヒルトン名古屋、大好きなホテルです。
久しぶりの文房具ネタです(笑)

言わずと知れた伝説のノート、モレスキンの限定バージョン、スヌーピー60周年記念モデルを購入しました。ハードカバーのプレーンノートです。2年半ほど前にリリースされ絶版になったものですが、定価で売っているのを見つけました。



米国では$50ほどで取引されております。プレミアが付いていますね。



こちらは前に使っていた星の王子様バージョンです。プレーンノートですが、こちらは凄まじいプレミアが付いております。



星の王子様はあと一冊だけ未開封のものをストックしております。モレスキンは書いてこそ価値があるものなので、いつか使う予定。

表紙はチャーリーブラウン。仕事のアクセントとして最高にいかしたノートですね。こういったキュートなノートを真面目な顔をしてビジネスの場でバリバリと使う。殺風景なビジネスシーンに爽やかな雰囲気を与えてくれるノートです。

表の表紙をめくるとルーシーとスヌーピーが。



"You should start each day with a song in your heart,a gleam in your eyes and peace in your soul!!"

毎日が始まりは、心に歌を、瞳に輝きを、魂に平穏を。(とっち訳)

いいですね。ビジネスもそんな気持ちを持って臨むといいかもしれません。

裏の表紙はピーナッツファミリーの関係図。



シールも付いています。



モレスキンはハードカバーのプレーンノートが大好きです。モレスキン独特のクリーム色の無地のページに、大胆に文字や図などを描いていくのは快感でもあります。罫線はいりません。



この絶品のノートに書き込むペンはこれです。
私の最高のビジネスパートナー、MONTBLANC Diamond MEISTERSTUCK Classicの万年筆。



ペン先はEF、調整はモンブランのマイスター、小野さんによるものです。



モンブランブティックで開催されたペンクリニックで調整していただきました。極上の書き味です!

キャップトップにはモンブランスターをかたどったダイヤモンド。



このノートとペンが私の武器。日本のビジネス侍として刀のようにこだわりたいです。

以上、とっちの文房具でした。