上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の記事で予告したアクアコントローラーApexのPM2による、アロワナ水槽の導電率(Conductivity)モニタリング設定を行いましたので、記事にします。

まず、Apexで淡水の導電率をモニタリングするためには、447μS/cmの校正液が必要になります。

IMG_4278.jpg


楽天の以下より購入したのですが購入時は5袋入って1,836円でした。って、今、楽天を見たらなぜか少し値段が上がってる?ちょうど在庫切り替え時だったのかな。お得に購入できました。届いたものは楽天のパッケージ写真とは違いますが^^;;




PM2モジュールを接続します。Conductivityプローブを差し込み、AquaBusケーブルでApex Jr.と接続。大事なのは、温度プローブをPM2に差し替えること。これにより導電率の温度補償を行うことができます。
温度補償とは、温度の変化に関わらず水温25℃の導電率に換算する機能。Apexでこれを行うには、温度プローブを同一のモジュールに接続しなければなりません。

IMG_4411.jpg


校正(Calibration)はディスプレイモジュールで行います。Setup MenuのCond Setupより。

IMG_4285.jpg


淡水で0〜850μS/cmの測定を行うために、LowのRangeを選択します。PM2のマニュアルによるとRO水の純度を測定するレンジとのことです。

IMG_4286.jpg


Temp Compは温度補償の係数(%/℃)ですが、デフォルトでは0.0になっております。0.0のままだと温度補償をしてくれません。導電率というのは、温度の変化に大きく影響されるため、温度の変化を補正する係数が必要なのです。係数は1℃あたり何%かを決めるのですが、海水は2.1、淡水は分かりません。一般的な導電率計は2.0%が使われているとのことなので、とりあえず2.0で設定してみました。

IMG_4412.jpg


校正をはじめます。まずは「Dry Cond probe」ということで、Conductivityプローブが乾いた状態でセット。値が変わらなくなるまで待ちます。

次に表示されるのは、校正液の選択。使用する校正液は447(μS/cm)を選択。

IMG_4289_20160221014532cf3.jpg


切ったペットボトルに水道水を入れ、そこに温度プローブを突っ込みます(下の画像では分かりづらいですが、温度プローブを入れています)。水道水は25℃に近い温度にしてみました。このあたりは校正技術が求められるところ。水槽の温度で校正するのもアリかと思います。
そして、447の校正液にConductivityプローブを突っ込み、校正開始。

IMG_4374.jpg


数値の変動が止まるまで待ち、校正完了。水温25.2℃で導電率447μS/cmを示してくれています。

IMG_4378.jpg


うちのRO浄水器から出るRO水を測ってみました。60μS/cm・・・なんだこれ高い
これはあかん。
3年ほどフィルターを変えずに使っていたのでメンブレンが痛んでいるのでしょうか。これではRO水になっていません。メンブレン交換しないと。

IMG_4379.jpg


肝心の水槽の導電率は・・・200μS/cm前後。以下の赤いグラフが導電率の1日の推移です。

スクリーンショット 2016-02-21 1.30.40

温度が青いグラフなのですが、温度の変化に合わせて導電率が変化しています。温度補償が効いているのであれば、ここまでギザギザではないはず。温度係数が適正ではないかもしれません。

いずれにしても思ったよりずっと高い導電率でした。あまりキレイな水とは言えません。
当面は導電率2桁まで下げることを目標としたいです。



以上、日本でもこれからApexが普及してくるかもしれませんが、淡水使用ということで今後導入される方には全く役に立たない情報を、自分用の備忘録として記しておきました


水槽前面に貼り付けたApexのディスプレイモジュール2台。水槽とサンプ槽それぞれの水温、pH、ORP、導電率を、目視で確認することができます。これはとっても便利。

IMG_4408.jpg


Apex2台(Apex Lite、Apex Jr.)
モジュール7台(PM1 2台、PM2、VDM、Energy Bar 8、Display 2台)
プローブ7本(Temp 3本、pH 2本、ORP、Conductivity)
&スイッチ各種&IPカメラ&TUNZE&RO浄水器&・・・

Apexシステムの拡充は一旦ここで終了です。

日本国内で(おそらく)最大級のApexシステムのひとつが、淡水のアロワナ飼育に使われているのは、Neptune社も想定外かも


IMG_4384.jpg


おかげで課題は見えてきたね、ミニティマちゃん。
一緒に頑張っていこう。




よろしければいいねクリック^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
スポンサーサイト
アジアアロワナ、ミニティマちゃん水槽のコンピューターコントロールシステム構築も大詰めとなりました。
今回は小ネタ、漏水センサーの設置です。

私が使っているアクアコントローラーApexにはオプションとして、漏水検知モジュールALD(Advanced Leak Detection Module)が提供されております。
私がApexを購入した頃はまだALDがリリースされておりませんでしたので、以前のサンゴ水槽で使っていたアクアトロニカの漏水センサーとBreakOut Boxで再構築することにしました。

IMG_4208.jpg


個人的にはALDのセンサーより、アクアトロニカの漏水センサーのほうがスタイリッシュで好き
裏側はピンが並んでいるだけで、水に浸かると通電する仕組みです。

IMG_4209.jpg


水位センサーを使った給水システムで自動換水しているので、何らかのトラブルがあった場合、水漏れしてしまう可能性もゼロではありません。RO浄水器の故障による漏水も想定されます。
さらに地震など、想定外のことも起こらないとは言えません。

漏水センサーのApexへの設置は簡単で、センサーの2つの端子をApexのBreakout Boxに接続するだけです。
片方はGNDポート、もう片方はI4番ポートに接続しました。

IMG_4207.jpg


漏水センサー用のバーチャルOutletを設定。

スクリーンショット 2016-02-14 23.00.56


サウンドアラームとメールアラームにバーチャルOutlet「V_LeakSensor」を設定。
漏水センサーが水を検知し、V_LeakSensorがONになったら、アラームが鳴り響き、メールが通知されます。

スクリーンショット 2016-02-14 23.01.39


テストで水をかけたところ、問題なくアラームが反応しました。
Apexのアラームは、なんだか物悲しいメロディーなのが謎です(お聞かせできないのが残念)。

IMG_4210.jpg


これで何があっても安心だね、ミニティマちゃん

IMG_4116.jpg


あとApexの設置で最後のやり残しは、PM2による導電率(Conductivity)のモニタリングです。

IMG_4212.jpg


ApexのPM2は主に塩分濃度(Salinity)のモニタリングに使われております。
サンゴ水槽では大活躍だったPM2ですが、さすがの私もこれは淡水のアロワナ水槽では使わないだろうと思っておりました。

ただ、PM2+Conductivityプローブは結構な値段もしますし、持て余しておくのももったいないなーと思い、PM2のマニュアルをあらためて見てみました。

PM2のマニュアルによるとLowレンジ設定で0〜850μS/cmが測定可能とのこと。
なんと、淡水用としても普通に使えるではありませんか!
やっぱりApexってすげぇ!

Lowレンジ測定には447μS/cmの校正液が必要なようです。さっそく校正液をポチり。

スクリーンショット 2016-02-14 15.20.41


次の土日は導電率モニタリングの設定作業で決まりです。
アロワナに最適な導電率っていくつなのかな?
私の水槽はどんな値が出るんだろう。

いろいろと楽しみ〜。

(サンゴ水槽をやってた時よりも、今のアロワナ水槽のほうが間違いなくApexを活用してる・・・)


よろしければいいねクリック^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
アジアアロワナ、ミニティマちゃんを飼育していて悩みだったのが、水面の油膜と糞の処理でした。

水面に浮く油膜はドロドロしていて汚く、水質を上げれば解消されるのかな、とも思っていたのですが、自動換水にしても油膜は改善されず。

あと糞処理については、前に自作した電動フィッシュレットがどうしても見た目が残念、掃除も面倒で、ミニティマちゃんを水槽に慣らすためにも設置を躊躇しておりました。


そんな時に、神威さんのアジアアロワナ飼育ブログを拝読し、ウェーブポンプで解決できることを知りました。

ウェーブの水流で水槽の底に溜まったゴミを巻き上げ、油膜とともにフロー管へ流し込むという方法です。
神威さんの記事によると、フロー管側の一番下に設置をするとのことでした。
素晴らしいお知恵、私もさっそく真似をしてみたいと思います。


使うのは、前のサンゴ水槽で使っていた「TUNZE nanostream 6055」です。
3年以上前に買ったものですが、いまだに一度も故障なく使うことができます。さすがはドイツ製品。
しかしこのTUNZE、一度はアロワナ水槽に設置をしたものの、必要性を感じず取り外しておりました。

IMG_4113.jpg

今回は油膜取りと糞処理のために、あらためて設置してみたいと思います。
まずは先達に学び、フロー管側の最下部前面側に設置。

このTUNZEは18W、流量最大5500L/Hなので、常に最大出力をしていると、まだ若魚のミニティマちゃんのストレスになりかねません。Apexを使い、時間帯で流量をコントロールすることにしました。

もちろんミニティマちゃんが少しでも嫌がるようであれば、水流を作るのはすぐに止めるつもりでした。
せっかくミニティマちゃんも水槽に慣れてきましたし、アクアルビーの高橋社長にも水流のことはアドバイスを受けておりましたので。


ではTUNZEとApexの接続を行っていきます。

コントロールで使うのはApexのVDMモジュール(Variable Speed/Dimming Module)です。
これはApexでウェーブやLEDをコントロールするためのモジュール。私が持っているApex LiteとApex Jr.には、VDポートが搭載されていないため、必要となります。

TUNZEを接続するための専用ケーブル。モジュラーからストリーム用とLED用のケーブルが2本出ていますが、LEDのコントロールは行わずケーブルが邪魔なので、切ってしまいます。

IMG_3924.jpg


TUNZEにApexのケーブルを接続。この端子同士はユルユルなので、テープで抜けないようにするのは必須です。

IMG_3928.jpg


Apex Jr.にVDMを接続し、ケーブルのモジュラー側を接続。V1ポートでTUNZEをコントロールします。

IMG_4108.jpg


Apexのクラウドサービス「Apex Fusion」を使って、時間帯による流量の変化を設定。
以下のグラフは横軸は時間(Hour)、縦軸が出力レベル(%)です。

スクリーンショット 2016-02-11 16.39.07


TUNZEが実際に回り出すのは、出力が22%からということが分かりました。午前8時から最小出力で回転し出して、11時に40%までなだらかに上げていきます。
そして正午12時に最大出力になって水槽内の浄化を行い、午後の16時に回転を終了する、というパターンにしました。


夜は水流を止めてミニティマちゃんにのんびり寝んねしてもらいます。水槽に慣れたての若魚なので、ここは優しく優しく。
でもミニティマちゃんは水流を嫌がらず、流れに乗って楽しむような素振りも見せてくれるので、日中の緩い水流はいい運動になるかなと思いました。
水流によって水槽内の淀みの解消も期待できそうです。


さてその結果、油膜や水槽の下に散乱した糞はどうなったかというと・・・

劇的にキレイになりました!

IMG_4136.jpg


水槽横から見た水景です。油膜が全くない水面が、鏡のようで超美しいです!

IMG_4154.jpg


水槽の床のカスは写真の通りほとんどなくなりました。
2,3日放置するとカスだらけだった底面が常にこの通り、写真の右下に写っておりますが、ほんのわずか残っている程度です。この程度は全然許容範囲。
もう全く糞取りをせずに済むのは本当に楽です。

IMG_4134.jpg


常にキレイな状態の水槽を眺めるのは本当に癒されますね。
手間もかかりませんので精神衛生上にもいいです。

素晴らしいテクニックをありがとうございました!


よろしければいいねクリック^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
アロワナ水槽のアクアコントローラーApexによる管理に向け、実施項目のひとつであった光学水位センサー(Optical Water Level Sensor)の取り付けを行いました。

IMG_3762_201601310142491dd.jpg


まずこの水位センサーですが、従来のフロートスイッチのような浮きによる物理的なオンオフではなく、プリズムとLED&光センサーによるオンオフを実現しています。なのでフロートスイッチと比べて圧倒的な感度の高さと耐久性を持っています。
クリスタルなピラミッド型のセンサーが美しいです。

欠点としては、LEDと光センサーを稼働させるために電源供給が必要となります。
私としては光学センサーとフロートセンサーを併用することで安全性を確保するようにしました。
万一、光学センサーの誤動作で水位検出ができなくなったとしても、フロートで物理的に水位検出し、注水を止めるという仕組みです。

それでは光学水位センサーの設置を始めてみたいと思います。

まずは別途入手した光学水位センサー用モジュール。中国から取り寄せました。
これを探し出し入手するのに随分時間がかかってしまいました。
4ピンのモジュラーが2つ装備されています。
1234と書いてある方は水位センサー用、GADVと書いてある端子は電源供給&アウトプットの端子です。

IMG_3763_201601310142485a7.jpg


家に転がっていた使っていないDC5VのACアダプターをぶった切って、電源供給の端子に接続しました。
回路の稼働を示す赤いランプが点きましたので、第一関門クリアです。
センサー側に埋め込まれているLEDは不可視光のようなので、センサーが光って見えることはありません。これならセンサー先端にコケが付く心配も無いようです。

IMG_3765.jpg


センサーをテストしてみます。まず水に浸かっていない状態では、5Vほどのアウトプットがあります。

IMG_3776.jpg


センサーのコップの水に浸けてみると、回路からのアウトプットはゼロ近くに落ちました。
水位センサーは間違いなく稼働しているようです。
このセンサーは水に浸かっていると通電(Closed)、水に浸かっていないと断線(Open)という仕様のようです。
テスト時は水から出しても雫が落ちきるまでは水の中と認識していたので、回路の上にある感度調整ダイヤルを回して調整し、感度を高めました。
水にちょっとでも触れた瞬間に通電状態になります。さすがは光学センサー、感度抜群です。

IMG_3777.jpg


プラスチックの箱に穴を明けて回路を格納しました。

IMG_3778.jpg


センサーフォルダーに装着。
下側に光学センサー、上側にフロートセンサーを装着しました。

IMG_3779_201601310143282ff.jpg

IMG_3780.jpg


ApexのBreakout Boxに接続。
ポートI6番にフロートセンサーを、I5番に光学センサーを接続しました。

IMG_3782.jpg



サンプ槽に設置。

IMG_3785.jpg

IMG_3784.jpg

この光学センサーの先端に、ちょびっとでも水が触れた瞬間にセンサーが反応します。
感度が良すぎるので、水面の揺らぎによってON/OFFを短時間に繰り返してしまう恐れがあります。なのでApexのプログラムで調整する必要があります。

Apexで設定を行います。
ApexのOutletセットアップで、バーチャルOutlet「V_OpticalSW」を作り、光学センサーが水に浸かったらOFF、浸かっていなかったらONとなるようにしました。

outlet_optical.png


RO浄水器を接続したOutletの設定です。
光学スイッチが水に浸かっていなかったら、RO浄水器のポンプに通電させ、注水を開始します。
その際、水面の揺らぎに過敏に反応しないように、Defer文を使ってスイッチが15秒間水に浸かった状態が続いたら注水を始めるようにプログラムしました。
フロートスイッチが水で浮いたら強制的に注水を止める文も追加しておきました。
水抜きのためのポンプ、アクアリフター(Outlet名:Lifter)が稼働している最中も注水はしません。
IconをSpigot(蛇口)にしたところも、細かいポイント

outlet_RO2.png



「Swx8_5」というのが、光学センサーが接続されているBreakout Boxのスイッチ。
サンプ槽の水を抜くと光学スイッチは水中から外に出るのでV_OpticalSWはONとなり、RO(浄水器)は稼働をはじめます。

dash_RO_ON.png


注水によって光学センサーに水が浸かると、Swx8_5はClosedとなります。
これによってV_OpticalSWもOFFとなり、RO浄水器は停止しました。
問題なく稼働しているようです。

dash_RO_OFF.png


これで水換えはフルオートになりました。
Apexに接続したアクアリフターで3時間おきに1日8回、排水をします。
以下は水抜きのためのバーチャルOutlet。
最後の一行はサンプ槽が満水になっていない状態で排水を開始させないための文です。

スクリーンショット 2016-01-31 16.57.47


排水を司るアクアリフターのプログラムは以下の通り。
バーチャルOutlet、V_WChangeとの組み合わせのより、AND条件を実現しています。
(Apexには論理演算子が使えないので、AND条件を成立させるためにはこのような工夫が必要となる)

スクリーンショット 2016-01-31 23.05.30



1日何%変えているかはまだ未測定ですが、おそらく10%から20%程度でしょうか。
1日8回の水換えなので、一気に水換えするより生体への負担は少ないと思います。
もっと細かく刻むこともできますが、機器に負担がかかるので今はこの程度にしておきます。


結構簡単にできあがりましたが、現時点でNeptune Apexを使ったDIYによる光学水位センサーの利用例はネットでは確認できなかったので、情報が全くない中での工作でした。

なのでこのDIYは世界初かな〜、なんて自己満足に浸っています

いずれNeptune Systemからリリースされる新製品のFMMモジュールで光学水位センサーが使えるようになるみたいですけど。

今回の工作でかかった費用は約3,000円程度でした。
Apexって本当に楽しいシステムだな〜。


IMG_3800.jpg

全てはこやつ、ミニティマちゃんのために〜。

IMG_3806.jpg


よろしければいいねクリック^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
アジアアロワナ、ミニティマちゃんの水槽管理を完璧にすべく、アクアコントローラーNeptune Apex Jr.を導入しました。

これでアロワナ水槽はApex 2台による管理体制になります。

米国から届いたApex Jr.、開封の儀です。

IMG_3595.jpg


IMG_3602.jpg


「Saving the reefs one manual at a time」
海水での利用を前提としたガイドですね。高価なアロワナの水槽監視には最適だと思うのですが・・・。
設置のためのマニュアルはネットを参照してね、とのこと。

IMG_3604.jpg


内容物はApex Jr.本体、ディスプレイモジュール、温度プローブ、Ethernetケーブル、設置用のネジ。ディスプレイモジュールは以前のNeptune社ロゴのものでした。

IMG_3606.jpg


Apex Jr.本体のスペックですが、リレー式の電源アウトレットが4ポート、AquaBus2ポート、温度プローブ用ポート1つ、Ethernetポート1つ。接続できるAquaBusモジュールは最大4つまでとなっております。

IMG_3610.jpg


電源アウトレットは1ポート当たり8アンペアまで。合計15アンペアまで使うことができます。電流量(Amperage)の利用状況監視機能は搭載されていません。


IMG_3609.jpg


コントローラーが制御不能になった際にONかOFFかを設定できるFallbackモード、以前のJr.には搭載されておりませんでしたが、現行のJr.には搭載されております。ファームウェアで対応するようになったのでしょうか。素晴らしいです。
内蔵されているコントローラーの機能は上位モデルと全く同じなので、大変コストパフォーマンスが高いです。

取り急ぎ動作確認・・・問題なく動作しました。
個人取引で海外から購入したのでノンサポート、壊れていたら終了でした

IMG_3611.jpg


それでは水槽に設置してみます。
まず必ず行わなければならないことは「アース接続」と「漏電遮断器の取り付け」です。
マニュアルにはGFCIコンセントに接続することを強く推奨しております。
GFCIコンセントとは米国の規格で、コンセントの中に漏電遮断器が埋め込まれているタイプのもの。日本には無いので、後付けの漏電遮断器を接続するのです。

水槽には電気器具が必須ですが、器具の故障や水濡れなどによってトラブルが起きた場合は、感電や火災など大きな災害につながる可能性があります。
Apexをご利用の方はこのように安全性を接続することを強くお奨めします。もちろんApex以外でもアクアリウムでは漏電遮断器は必須ですね。




漏電遮断器は楽天で2,000円以下で購入できます。お奨めは漏電遮断器専門メーカーであるテンパール工業のビリビリガード。なんとも安直でユニークな名前ではありますが(笑)、工事現場などでも使われている本格仕様の安全器具です。

私も楽天で購入しました。

IMG_3658.jpg

Apex Jr.を漏電遮断器経由で電源接続。アース線接続もバッチリの安心接続です。

IMG_3664.jpg


温度プローブはスドーのエデニック60専用2段パイプフォルダーを使っています。吸盤が強力なので安心の一品。ただ若干キツめなので少し広げて差し込みます。無理して差し込むと温度プローブの皮膜が傷ついてしまいますので注意。

IMG_3612.jpg


とりあえず暫定的に据え置きで稼働。どこに設置しようかな。

IMG_3625.jpg


ディスプレイモジュールですが、水槽前面に貼り付けることにしました。ディスプレイモジュールで常に水槽の状態を目視確認できるのは、すごく便利であることに気づきました。しかもディスプレイが程よい大きさで見やすいです。Apexの基本設計って素晴らしいなー、とあらためて感心。

IMG_3633.jpg


うーん、いかにもコンピューター管理の水槽って感じでかっこいいです。

IMG_3700.jpg

水槽内にいっぱいいるのはメダカちゃん。ミニティマちゃんの餌です・・・。

ディスプレイモジュールは、時間帯でコントラストを変えることができます。日中は明るく、夜8時以降は暗くする設定を行い、アルティマちゃんの睡眠の妨げにならないようにしました。


こちらは1台目のApex。黒いボックス内に設置しています。このApexにはPM1(プローブモジュール1)を2台接続しておりますが、それらは長いAquaBusケーブルで接続し、水槽下に設置しております。なのでケーブルがすっきり。

IMG_3692.jpg


接続図です。壮大なシステムになってきました(笑)

system.jpg
(クリックすると拡大します)

クーラーは200Vのものを買ってしまったので、Apexではコントロールできず・・・。


MacでのApexダッシュボード表示。

apexdash.jpg


家の外から直接Apexにアクセスできるようにルーターでポートを解放し、iPhoneアプリを設定。今はクラウドサービスApexFusionがあるのでこの設定は不要なのですが、私はiPhoneアプリのほうが慣れているので。

IMG_3699_20160123203312646.jpg


水槽になにか問題があったら、2台のApexがメールや本体のアラームで警告してくれます。


ここまでやれば余程の事が無い限り大丈夫かな
(ちょっとやり過ぎ感もありますが


よろしければいいねクリック^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。