上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、どにゃさんから、久しぶりにご連絡をいただきました。

「あのFish StreetのZEOリアクターって、まだお持ちですか?もし不要であれば・・・」

はい、あのマグネットフローティングの優れものなZEOリアクターですね。





ケミカル臭がなかなか抜けないのが唯一の難点ですが(笑)
新水槽でも使うつもりで、アク抜きを繰り返していました。



ですのでどにゃさんには

「あれは新水槽で使うんですよ」とお答えしたところ、

「あのサイズで容量足りるんですか?」

とのお返事。


んん?そう言われればそうっすね・・・。

ということで新水槽の水量をあらためて計算したところ、サンプ層込みで約900リットル。

必要なZEOvitの容量を確認するために、久しぶりにZEOvitマニュアルを確認・・・。


100ガロン当たり1リットルのZEOvitを、との事。
100ガロンは379リットル・・・
つまり水量900リットルだと?


ZEOvitは2.3リットルも必要なのか!


一回で2袋以上入れるのか!


つーかこのZEOリアクターじゃ全然入りきらないじゃん!(激汗)



頭がまだナノなイメージのままだった自分に愕然としました。
だって、ナノとっちシステムだと、ZEOvitは一握りでよかったのですから。

うーん、水槽が大きいとランニングコストも真剣に考えないといけないですね。
人工海水も大量に使うだろうからKZ社のは高くて使えないだろうな~。
安くていいヤツを探さないと。

あ、どにゃさん。
このZEOリアクターは差し上げますね。
明日、宅配便でお送りいたします!
スポンサーサイト
本日、5泊6日の大阪出張から帰って参りました。疲れたお・・・。
大阪で行った講演は計5回。
今回は講演以外にもいろんな仕事がありアクアショップ巡りをする時間は全くありませんでした。
疲れたけど充実した出張となりました。


さて!

家に帰ると届いておりました~。
中国製ZEOvitリアクター、Fish Street Z100 ZEOLITE Magnet Floating Reactorです。

このZEOvitリアクターは、$58というおそろしいほどに安価ながら、マグネットフローティングでポンピングができるのが特徴です。

新しい器具を導入するのは久しぶりでわくわくします。

それではさっそく開封の儀~

外箱の中には、2つの箱が。
一緒に買って欲しいという当ブログ読者様からのご依頼により2個買ったのです。




1箱空けてみます。さてどうでしょうか・・・ドキドキ。

おお、思ったより大きいぞ。足元のサイズは13cm正方ですが、高さがあるので大きく感じます。




最初の印象としては「ずいぶんしっかりとした作りだな~」という感じです。正直、期待以上のものでした。




足元には振動防止用のラバーがちゃんと付いております。白いのは発砲スチロールの粉です。ちゃんと洗って写真撮れって?・・・すみません。




リアクター上部の蓋には、添加剤注入用のスライド式の穴があいております。蓋の裏面にもOリングが付いていてしっかりと締まります。






マグネット部です。両方の接面はなぜかヤスリがかけられてざらついております。




マグネットフローティング~!!




注水部はこんな感じ。




排水部はこんな感じ。しっかりと接着されております。




排水部の裏面にはちゃんとスリットが付けられております。




ZEOvitのコンテナ部はこのようにスクリューを緩めて開きます。




接着剤の臭いが結構するので、クエン酸水溶液でアク抜きをします。早くナノとっちシステムに導入したいなぁ~。




思った以上のしっかりとした作りに、正直度肝を抜かれました。中国のアクアメーカーには何度か痛い目にあっているので舐めておりましたが、これは侮れませんね。
恐るべきコストパフォーマンスです。
これ、$58ですよ?$58というのは、いつでも使えるクーポンコード5%引きを使った金額ですが。
それにしてもありえないでしょう。

以上、Fish Street Z100 ZEOvitリアクターのファーストインプレでした~!
添加しているZEOvitやコーラルカラーの添加剤は、全て手で添加しています。
ZEOvitをはじめる前は、

「たくさんの添加剤を手で添加するなんて面倒くさそう・・・」

なんて思っていましたが意外なことに添加するのも楽しくて面倒さを感じません。
添加量の記録はアップル純正アプリ「Numbers」で記録しておりますが、ZEOvit開始から一度も記録を怠ったことがありません。

「自分、こんなにマメだったか・・・!?」

と驚くほどです。

しかしそんな添加作業もちょっと手間がかかるなーと感じる点があります。

それはスポイトが付いていない容器に入っている添加剤を単体のスポイトで計量して添加することです。

現在添加している添加剤でスポイトが付いていない容器のものは、

・コーラルカラー A/B/C/D
・ZEOStart3
・K-Balance
・Xtra Special

の7種類になります。
スポイトは1回使ったらRO水で洗いながら添加していくのですが、これが本当に面倒です!
スポイト付きの添加剤はサイズが小さいのでコスト高ですし、まだZEOをはじめて間もないので空いたスポイト付の容器も少ないです。(先日、実家に3本もあげてしまったし・・・)

ということでスポイト付きの容器を探していたのですが、これが意外と見つからないんです。

できればZEO風なガラス製のスポイト付きビンが欲しいのですが、ホームセンターなどを探してもなかなか売っているのを見つけることができません。

それではネットを探してみようということで楽天やAmazonを探すのですが、そもそもこのZEOのスポイト付きのビンってなんという名前なのでしょうか?名前が分からなければ検索することができません。

いろいろとネットで探しているうちに、「遮光瓶」という名前であることは分かりました。

しかし遮光瓶で楽天、Amazonで検索しても、微妙にいい容器が見つかりません。たまにいいのがあるけど妙に高かったりして。

しかしここで諦めずにさらにネットを探したところ、ちょうどいいのが見つかりました。

ミキシング・ボトル コバルトブルー 30ml
「ミキシング・ボトル コバルトブルー 30ml」(楽天へのリンク)

です。

これ、遮光瓶ではヒットしないんですよね・・・。
ミキシングボトルって何?何か混ぜるのに使うの?
で調べたところ、アロマオイルやフラワーエッセンスを入れておく容器をミキシングボトルと呼ぶらしい…。


ということでさっそく楽天のケンコーコムからこのミキシングボトルを10個まとめて購入してみました。ケンコーコムは少量でも送料が安いからよく利用しています。10個買ったので送料無料条件はクリアです。



箱を開けてみます。



おおっ!ZEOの添加剤がイッパイ!

ではなくて空の瓶ですね(笑)
このコバルト色のガラス瓶を見るとなぜか脊髄反射してしまいます。



形状はZEO純正とはやや異なりますが(特にキャップやスポイトの形状)、瓶の色合いはかなり近かったので嬉しいです。楽天の写真は妙に薄い青色だったので。

で、せっかくZEOに似た小分けの瓶が入手できましたし、このまま使うのもつまらないので、こだわったラベルを貼りたいと思います。


コーラルカラー A/B/C/Dからやってみましょう。

コーラルカラーの4本セットのボトルのラベルを剥がします。



剥がすときは裏面のほうから剥がすのがポイントです。前面を使うので前のラベルを傷つけないために。



ミキシングボトルに貼りたい箇所をハサミで丁寧に切り取ります。



このラベルは右上が丸く切られているので、他の四隅も丸く切り取ります。

ミキシングボトルに貼り付けます。その際に事前にボトルについている手の脂を拭き取っておきましょう。脂がついているとラベルが剥がれやすくなりますので。



うぉっ!いい感じです。ラベルを剥がしたコーラルカラーのボトルには油性ペンで添加剤の名前を書いておきましょう。分からなくなると大変です。

添加剤を注いで完成です。



じゃーーーん!カッコいい!!





次にZEOの添加剤に行きます。

大きなボトルのものを小分けして添加しやすくするのが今回の目的です。さてどうしましょうか?

うーん。とりあえず、ラベルを剥がします(笑)



ラベルが大きいのでこれをミキシングボトル貼り付けることはできません。A4の紙に貼り付けましょう。



…ってやってしまった後に気付いたのですが、クリアフォルダーなどに貼り付けたほうが元のボトルに貼り戻しができたかも。
紙に貼り付けてしまったので剥がすことができません(笑)このZEOStart3のボトルはラベル無しのまま消費することにします。

さてこれを光沢ラベル用紙に縮小コピーします。コツとしては、長辺が10cm位に縮小するのがちょうどいいです。



ハサミで切り取ります。



また脂を拭き取ってミキシングボトルに貼り付けます。



うおぉっ!!そのまんまじゃん!

これで添加も楽になりました~。



スポイトの先端はこんな形です。このミキシングボトルのスポイトを測ったところ、9滴で0.5mlでした。

ミキシングボトルのご紹介でした(笑)
有田海水さま、この度はZEOvit添加剤、K-BalanceとPohl's Xtra Specialをご提供いただきまして、本当にありがとうございます。

また、有田海水さんにご依頼してくださったエーエイトさん、いろいろと御計らいいただきありがとうございます。

あらためてお礼を申し上げます!



さて事の成り行きですが・・・、先日エーエイト師匠にお会いすべく仙台遠征を行ったときのことです。

宴会の部において師匠にZEOvitの添加剤のことについてご相談をさせていただきました。

私は現在、以下の通りの添加を行っております。

《朝》
・ZEObak 2滴/3日に1回
・ZEOStart3 0.5ml/毎日
・Sponge Power 2滴/毎日
・Coral Colors ABCD 0.5ml/毎日
《夜》
・Coral Vitalizer 5滴/毎日
・Coral Snow 3ml/毎日

コーラルカラーはそれまで2滴しか入れておりませんでしたが、師匠ご自身の添加量を参考に添加量を0.5mlに増やしてみました。

そしてZEOの添加剤を増やすべく、仙台遠征前に以下の添加剤を注文しておりました。

・B-Balance
・Pohl's Xtra
・Amino Acid

この、現在添加しているものと、新たに注文した添加剤をエーエイトさんにお伝えして「このバリエーションはどうでしょうか・・・?」とコメントをお願いしました。

すると師匠から、

「カリウムが不足すると白化しやすくなるよ。K-Balanceはあったほうがいいんじゃないかな。」
とのありがたいご教示をいただきました。


K-Balanceはカリウムを補充する添加剤。あれ?なんで注文から外したんだっけ・・・?

そんなことを考えていたところ、

さらに師匠より、

「有田海水さんに、K-Balanceをとっちさんに送るようにお願いしてみるよ。」
と。


「え!?いや・・・その・・・本当ですか!?」

一瞬、耳を疑ったのは言うまでもありません。


とっても申し訳ないと思いつつも、エーエイト師匠を通じて有田海水さんという大先輩から添加剤を戴けるということがとても嬉しく、喜びでいっぱいになりました。

エーエイトさんはすぐに有田海水さんにご依頼され、すぐに有田海水さんからの小包が届きました。届いたときは出張中で、昨日帰宅後にさっそく開封してみました。添加剤は丁寧にパッキングしていただいております。

「K-Balance、1000ml!?で、でかいっ!!」




「ん?この小さいのなんだろう・・・・Xtra Specialだぁ~っ!嬉しすぎるっ!!!」



なんとK-Balanceだけでなく、Xtra Specialもお送りいただいたのです!
両方とも新品の未開封品です!



というわけで、さっそく昨日よりK-BalanceとXtra Specialの添加を始めました。
添加後はカリウムの濃度には注意しないといけませんね。
それからXtra Specialを入れるのでCoral Colorsは少し添加量を抑えようかな?


有田海水さん、エーエイトさん、本当にありがとうございました!
ついにSPSを初入海する日がやってきました!
初めてのSPSはなんとエーエイト師匠が大切に育てられたサンゴです!

正直、ゆうべは興奮しましてなかなか眠ることができず、仕方ないので真夜中にApexいじりなどをしてブログ記事を書き、寝付けたのは明け方の5時過ぎでした。

思えば7月に無駄に続けてきたマリンアクアリウムを反省し、ZEOvitを始めるべくゼロからのシステム構築を行い、のんびりと慎重にやってきたのもあり、ここまでに丸4ヶ月もかかってしまいました。

その間、エーエイトさんをはじめ、諸先輩方から大変多くの温かいアドバイスをいただきながら、なんとか自分なりのZEOvit水槽を立ち上げることができました。

本当にありがとうございます!

そして、私がまたいつもの調子で「SPSはどこで何を買ったらよいのか・・・」などとまごついていたところに、エーエイト師匠から枝打ちしてご提供いただけるとのありがたいお話しをいただきました。

これは本当に嬉しかったです。この世界の楽しさをお教えくださり、のんびりした私の水槽立ち上げを色々とご指導いただきながら見守ってくださったエーエイトさんのサンゴが、初めてのSPSになるなんて!でも嬉しさと同時に、絶対に落としたくないという緊張感が交錯して、もうドキドキでした。


さて、エーエイトさんからの里子ちゃんを受け入れる当日がやってきました。ご指導通り、リバイブも用意してあります。ついでにELOSのKH試薬も。



届きました!思ったより大きな箱です。そして結構重いです。



開けてみました。ショップから購入してもこんなに丁寧にパッキングされているでしょうか・・・と思うくらい、すごく丁寧なパッキングです。フタにはカイロも着いていて温度への配慮がされていました。



大きな袋が2つ入っています。中には大きなサンゴが・・・枝打ちとのことでしたので、こんなに大きなものをいただけるなんて想定外でした。



すごい・・・プロ以上のパッキングです。本業じゃないのにこんなパッキングができるなんて。

さっそく温度合わせです。T5の光により、袋の中でポリプが出ております。袋の外から見ても、その美しさが分かります。







師匠からご指導いただいたとおり、リバイブで洗浄しました。



初入海です!すごい美しいです!





これが上級者が飼育するサンゴなのですね・・・。私はまだお店でもこんなにキレイなサンゴは見たことがありません。はぁ~・・・うっとりです。ずっと眺めていられます。



ポリプがふさふさ、満開です。美しすぎる・・・。



水槽全景です。ついにうちの水槽にSPSが入りました!



エーエイト師匠には、本当に本当に心から感謝です。いただいたサンゴは大切に育てます。
エーエイトさん、本当にありがとうございました!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。