上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家作りで知った逸品シリーズ、第二弾はスピーカー「Q Acoustics 2020i」です。



Q Acoustics社は英国のオーディオメーカーです。
日本では馴染みのないメーカーですが、この2020i、英国ではWHAT HI-FI? Awardsを3年連続で獲得したとか、とても高い評価を受けているようです。

日本ではほとんど情報がないのですが、サイズ的にちょうどいいのと、評判も結構いいので、これを選んでみました。


外箱にもWHAT HI-FI? Awardsのステッカーが貼ってあります。
それでは開封の儀~。



丁寧な梱包です。



手袋付きでした(笑)
これは指紋で汚れないようにするための配慮でしょうか。



う~ん、艶のあるグロスブラックの美しさがたまらないです。
高級感が漂います。安っぽさは微塵にも感じられません。





背面は丸い穴があります。重低音が抜ける穴でしょうか。



配線は底面で行います。配線がすっきりしますね。



国内代理店の保証書です。製品検査をしっかりやっているみたいですね。



モンスターケーブル社のスピーカーケーブルを使ってみました。太いです。



こんな感じに結線。



で、肝心の音なのですが、

「素晴らしい!」

の一言に尽きます。

細かい音がすっきり聞こえて、低音も深く出てきます。
音の解像度がすごく高く、この小さなサイズからなぜこんなにキレイな音が!?と驚きます。
高音はキンキンした感じではなく、柔らかく上品で細やかな感じです。
私が特に気に入ったのは低音です。
ウーファーも買うつもりだったのですが、必要ないかなと思っています。
なお、アンプはONKYOのNR365です。



Q Acoustics 2020i、隅から隅までモノづくりの精神を感じる逸品です。

いい買い物をしました。
スポンサーサイト
9月30日、大江慎也のバースデーライブ「SHINYA OE à-GOGO」に行ってきました。



(第二部開幕前。私が陣取ったのは前方右側。)

場所は新宿LOFT。
「大切な親友」と二人で参戦した大江の55歳誕生日会は、

超絶最っっっっっっっっ高!!!!!!
のライブでした!!!



今回のライブ、参戦前に親友と安い居酒屋でガンガンに呑みまくり、新宿LOFTに入ったときにはすっかり出来杉君状態でした(LOFTに入る前に既にビールジョッキ5杯、そしてLOFT内でも呑んだ杯数知れず)。

満員のLOFTに入っていきなり聞こえたのが「Sitting On The Fence」。大江慎也リスペクターによるルースターズのカバーです。

酔っていたのもあり、いきなりのルースターズ・サウンドに親友と盛り上がって、「前に行こうぜ!」ってことで、人をかき分けて前方に入り込みました。


大江慎也の声を聞くのは、2004年のフジ・ロック・フェスティバルで見たルースターズのラストライブ以来。
このフジ・ロックのラストライブも「大切な親友」とともに参戦。
最前列で見たラストライブ、開演前の写真。



その前に見たのは本八幡のライブハウス、ルート14。1989年のPECULIAR TOUR。それも「大切な親友」と一緒だった。

まさに10年に一回のターンで見ていることになります(笑)


今回のバースデーライブ、大江慎也リスペクター達によるルースターズのカバーの連続にも興奮しましたが・・・


何が最高だったって、

何と言っても、

Vo.陣内孝則、Gr.大江慎也&下山淳、Dr.池畑潤二、G.穴井仁吉という、

31年の時を経て蘇った「バトルロッカーズ」による

セルナンバー8(第8病棟)でしょう!!


陣内が「セルナンバー8!!」と叫んだ瞬間、新宿LOFTは完全に映画「爆裂都市」に出てくる


ライブハウス「20000V」状態


になりました(爆)

まさしくリアル爆裂都市状態(笑)

いやー、この歳になってナマ陣内によるセルナンバー8で、ぎゅうぎゅう詰めのライブハウスで、しかも親友と一緒にステージ際で暴れられるとは思っても見なかった(感涙)

もうね・・・最っっっっっっっ高!!!!


爆裂都市に登場するバンド、「バトルロッカーズ」。

バトルロッカーズ


一番左が大江慎也。真ん中が陣内孝則。そしてその間にいるのが池畑潤二。


今回のバースデーライブ、「セルナンバー8」と同じくらい嬉しかったのは、ルースターズで一番好きな曲「VENUS」をやってくれたことです。

下山淳のVENUSのギターソロ、最高だったわ。親友は私がこの曲が好きなのを知っていて、下山のギターを見ろ見ろって引っ張ってくれて、目の前でVENUSを弾く下山を見たときはもう涙目でした。


想定をはるかに上回る最高なバースデーライブ、大江慎也と、大江の誕生日を祝って演じてくれたステージの皆さんに心から感謝です!!


爆裂都市のオープニング、バトルロッカーズのセルナンバー8(YouTubeより)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。