上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月2日、父が逝きました。
享年70歳です。
10月30日に寝室で倒れ、気絶して、救急病院に運ばれましたが、そのまま逝ってしまいました。

先月の連休に、私の建てたお家を初めて見に来てくれて、新築のお祝いをくれて、一緒に家で食事をして。
パティオの大きな傘の下でコーヒーを飲みながら「いい家を作った」って言ってくれた、あの日が最後に会った日になってしまいました。


あれから一ヶ月も経たない間に、父に線香をあげることになるとは・・・。
会津武家の末裔であることを誇りにしていた父らしい、不器用な優しさと潔さを合わせた、あっぱれな逝き方でした。


私は長男なので、父の葬儀の喪主を務めました。
すでに現役を退いた男の葬儀とは思えないほど多くの方にご会葬いただき、お通夜は多めに用意した座席の倍くらいの方が立ち見で父を偲んでくださいました。


私は喪主として、お通夜のオープニングと、式の最後に挨拶をしました。
式の最後の挨拶では、父への最後のメッセージを伝えました。

喪主としてこの上ない最高のお葬式をあげられたのは、誇りです。
父もとても喜んでくれていると思います。


しかし、親を亡くすということが、こんなに辛いものだとは思いませんでした。
あの、父がいない。
その現実になんだか心にぽっかり穴が空いたような感じがします。


100歳まで生きたいと言っていた父・・・もっと生きたかっただろうな。
あと10年か、せめてあと5年でも生きて欲しかった。
もうちょっとでいいから生きて欲しかった。


新しいお家を見てもらえて本当に良かった。
手渡しじゃないと渡せないって言っていたらしく、新築のお祝いを手持ちで持ってきて、父から直接もらいました。
あの日見送りのときに「気をつけて帰って」と言って父の肩を触れたのが、最後のお別れでした。



さようなら、お父さん。

さようなら。

いっぱいごめんなさい。

いっぱいありがとう。



お父さん、本当にありがとう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。