久々の住宅ネタです。

先日、キッチンのビルトインガスコンロのガラストップを割ってしまいました^^;;

IMG_5095.jpg


このヘビーな鉄板を置くときに、強く落としてしまい・・・バキバキに。

IMG_5113.jpg


ガラストップって割れるのかよ、と思いましたが。
ガラスですものね、割れて当然です。

IMG_5093.jpg


使っていたのは、ハーマンのS-Blink duoでした。

このガラストップ、交換すると5万ほどかかるとか・・・新しいの買うわ。


ということで、ずっと欲しいな〜と思っていた「スマートコンロ」を導入することにしました。

スマートコンロはネットに接続してコントロールできるITなコンロ。
かなり攻めた企画の製品です。

uploaded_201604100007145ea.jpg

uploaded-1_20160410000714477.jpg

こういうぶっ飛んだモノ、もっと認められるべきだと思うんですけどね。
商品化できたノーリツさんはすごいと思います。
スマートデバイス化されたコンロって、商品として市場導入しただけでも奇跡的なことだと思う。

こういうモノを出せる日本の企業を応援したいです。
ネット上ではレビューや評判がほとんど見られないので、あまり売れていないのでしょう。

っと言うことで勢いで買いました。
頑張った自分への昇進祝い^^

IMG_5098.jpg


開封の儀〜

IMG_5109.jpg


本体をチラ見^^

IMG_5110.jpg


これが火力調整するマグネット・コントローラー。

IMG_5112.jpg


使うの楽しみですが、東京ガスさんによる設置は来週の週末。
それまではガラストップバキバキのコンロでしのぎます。
実用上は問題ないので。


さてこのスマートコンロですが、私が考えるメリット・デメリットを上げてみたいと思います。

【メリット】
・IT機器として遊べる。
 →iPhoneアプリとの連携でお料理^^
・マルチグリルが超使えそう。
 →このスマートコンロの一番の売りは実はマルチグリルなのかも。お料理のバリエーションが増えそうです。
・火口が2つだけ。
 →これはメリットだと思っています。一般的なビルトインガスコンロは火口が3つあるのですが、正直3つは使わないです。しかし3つあるためにメインで使う2つが手前に来てしまう。そのために使い勝手も安全性も落ちてしまう。特にコンロ下のコンベックと並行してお料理していると、ヒヤッとすることがあるんですよね。
・とてつもなくおしゃれ。
 →2つしかない火口。黒いガラストップ。つまみがないフラットなパネル。Less is moreなコンロです。

【デメリット】
・火力が物足りない。
 →この機種の火口のガス消費量は3,010kcal/h。今使っているS-Blinkも含め、一般的なビルトインコンロは3,610kcal/h。明らかに火力が低いです。でも火力が低くて困るのは私の場合、お湯が沸くのがちょっと遅くなるくらいかな。私のお料理スタイルは強火をほとんど使わない「弱火ベース」なので^^
・iPhoneアプリのアップデート継続
 →iPhone/Androidのアプリがないとこのコンロを活用することは難しいのですが、果たしていつまでアップデートを継続してくれるのか不明。最低でもOS追従はしてもらいたいものです。
・使い勝手が未知数。
 →こればかりは使ってみないとわかりませんが、「さすがにこれはないだろう!」「使い辛えー!」ってことになれば、正直に当ブログで報告します。


まあ、そんな感じでいろいろとありますが、楽しそうな愛しきITデバイスが我が家にやってきました。

来週の設置が楽しみです^^