上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英国Cleartides社製ゼオライトリアクターZ90です。本体価格£37、送料込みで£67、約8,000円です。ZEOvitリアクターでは、恐らく最安値の部類に入るかと思います。



安い割にはすごくしっかりとしたパッキングで届きました。



このリアクターを選択したのは市販品では最小サイズだったからです。ZEOvitのマニュアルによるとZEOvitの量は水量100リットルで250mリットルでいいとのこと。ですので60ワイド水槽では大きなリアクターは不要と考え、最小サイズのリアクターを求めたのでした。

そもそも、今サンプ槽として暫定で使っているプログレ水槽は、実はあれでずっと運用しようと考えていたもの。
今でも巨大な泡王200とTUNZEポンプで完全にキツキツ状態。でも計算上、これくらいは入るでしょうと思って買ったのでした。どんな計算していたんだよ・・・orz

さてこのCleartides Zeolite Reactor、ポンプは付いておりません。ですので、手持ちのEHEIMコンパクトポンプ300を取り付けてみました。いい感じです。流量は130~260l/hなのでマニュアルの範囲です。



メディアを入れる筒と本体との2重構造になっており、一応は手押しポンプのようにシャカシャカすることができます。ZEOvit 300mリットル程度だと、この筒に半分くらいでしょうか?実際に開始するときにまた報告します。



メディアを入れる筒の下にある穴はこの通りです。穴は少ないのですが結構小さいので、小さな粒で詰まるということはなさそうです(実際やってみないと分かりませんが)。

排水のパイプはグレイのものであまりにかっこ悪かったので、ホームセンターで透明のものを買ってきて接着しました。



その名の通り、クリアタイズな感じにしたかったので(笑) と言いますか、Cleartides社の製品は手作り感がすごいです。ここまですごいと、ある意味かわいいです。実は結構気に入りました。

ベースのサイズは115×115mm、占有サイズは140×170mm(EHEIM CP300装着の場合)。これだけ小さいのですが、新サンプではぎりぎり入らない可能性も想定しています。そのときは・・・どこか切って小さくします(笑) そんなノリで使えるZEOvitリアクターですが、果たしてこれで本当にZEOvitシステムが運用できるのでしょうか!?
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
チーズの部分が取れないならメディア交換が少しやりづらいかなと思いますが、それ以外は無駄を省いてすごくシンプルなリアクターですね。日本で話題になっているのをみたことがないので、こんな製品良く見つけましたね。
2012/09/01(土) 07:13 | URL | mjneko #mQop/nM.[ 編集]
mjnekoさん、こんにちは。
たしかにチーズが取れないので、そもそもうちのキャビネットの高さで抜けるのかな?と思い、今試したらぎりぎり抜く事ができました(^^;)
日本でCleartides社の製品を使っている方はネット上では見かけたことがないですね。最小サイズを探していたら、こんなものに辿り着いてしまいました。ハンドメイドな感じがたまりません(笑)
2012/09/01(土) 13:04 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
これは!
世界不思議発見ですね(笑
このメーカー全然知りませんでした・・・
やはり世界は広いです(笑
機能的には十分のように見えますよ。
ZEOリアクターなんてカシャカシャ出来れば何でもいいんですもん(笑
袋に入れてサンプにドボンしてる人もいましたし(笑
とっちさんの場合はサイズの方が大きな問題ですもんね!
コンパクトのが見つかって良かったですね!
入らなかった場合はベースの白いアクリル板?を切っちゃえばいいですよ(笑

2012/09/03(月) 10:03 | URL | エーエイト #-[ 編集]
>これは!
>世界不思議発見ですね(笑
>このメーカー全然知りませんでした・・・

そうなんですね。ぐぐってもこのメーカーのユーザーは日本では出てこなかったので、相当マイナーなのかなと思っていました(笑)

>機能的には十分のように見えますよ。
>ZEOリアクターなんてカシャカシャ出来れば何でもいいんですもん(笑

十分使えそうとのこと、安心しました。ZEOは本当に分からないことだらけで...実際やろうとするとやっぱり敷居が高いですね。

>袋に入れてサンプにドボンしてる人もいましたし(笑

え?そんなんでいいんですか?!(汗)
2012/09/03(月) 12:46 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
> え?そんなんでいいんですか?!(汗)

たぶん理屈的には問題ないです(笑
きちんと通水して、適度にシャカシャカすれば同じです。
ただやはり見た目というか、アクアリウムもファッションセンスの通ずる部分がありますので(笑

オシャレ=機材の拘り
センス=レイアウトセンス、機材の整理整頓

って感じですかね(笑
ダサい人の水槽はきっと汚いですよ(爆

2012/09/03(月) 12:59 | URL | エーエイト #-[ 編集]
なるほど、理屈的にはできることが同じであっても、機器への拘りや整理整頓の美しさが、結局は水槽のレイアウトやセンスにも通じるということなのですね。そしてそれは人のファッションセンスに基づくと。
確かに激美水槽の写真を見ると、水槽の下はすごく拘って機器が整理されているのが多いです。
極めるということはそういう世界なのですね。納得です。
2012/09/03(月) 21:20 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiahal.blog129.fc2.com/tb.php/165-32506a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。