上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前の記事では、アクアリウム・コントローラーの機種選定についてお伝えしました。いろいろ検討した結果、米国Neptune社のAquaController Apex(以下Apex)に決めたのですが、今回はApexの3パッケージの中からのチョイスについて検討したいと思います。

まずは再度、Apexシリーズの3パッケージを確認してみます。(価格はList Price)

・Apex Jr(以下、Jr) $149
・Apex Lite(以下、Lite) $369
・Apex(以下、最上位) $499

JrとLiteは$220の差、Liteと最上位は$130の差、絶妙にして微妙な値付けです。

■Apex Jr考察
Apexは全パッケージでネットワークに対応しています。これは他社のアクアコントローラーに対して大きなアドバンテージがあります。(競合のReefKeeperに限らず)他社のアクアコントローラーの場合、ネット対応は最上位パッケージだけであったり、オプションのネットワークモジュールが激高だったりします。Neptune社純正のiOSアプリもJrで使えます。ですのでネットワーク対応の視点から見るとJrはかなりの割安感があります。$149出してJrを買ってネットに接続すれば、PCやiPhoneから水槽の状態を確認できるのですから(Jr単品でモニタリングできるのは温度だけですが)。以下はJrの外観です。



結構無骨ですね(笑) コントローラーに電源アダプターを4ポート装備したワンパッケージの筐体です。それなりの大きさはありますが、モジュール化された他の2パッケージと比べるとむしろ省スペースかと思います。これはまだ裏付けが取れていない話ですが、Jrの基本アーキテクチャはたぶん上位2パッケージと同じです。それはどういうことかと言いますと、Jrとはいえ中身は廉価版ではなく上位と一緒ということです。このことについてはおそらく間違いないと思います(間違えていたらごめんなさい)。ですので私の主観ではありますが「Apex Jrはとてつもなくコストパフォーマンスがいいコントローラー」だと評価しました。

(9/12追記:Apex Jrにはフェイルセーフ機能が搭載されていませんのでご注意ください。)

ではJrを購入した際に受け入れなければいけない制限は何でしょうか?
私の認識では以下の通りです。

致命的な壁(後から拡張できない点)
・接続できるAquaBusモジュールは5つまで(上位2シリーズは240モジュールまで拡張可能)
・ログ保存容量は上位2シリーズの1/10
(他にも細かな点はあります)

Liteに近付けるために必要なコスト(価格はList Price)
・ディプレイモジュール追加 ディスプレイモジュール購入($124)
・pHポート追加 PM1購入($74)
・電源を4ポートから8ポートへ Energy Bar 4購入($109)

★Jrに対する私的なコメント
Good:
コストパフォーマンスは激高し。基本部分は(多分)同じなので割り切って使うなら超遊べる。後々それなりに拡張もできる。
全体的に省スペース。
Bad:
普通この手のコントローラーを使うならpHモニタリングはすると思いますが、そのためにはPM1モジュールは必須。PM1を入れるとLiteに対する価格差は$146に。
ディプレイモジュールがないので、ネットにつないでPCからアクセスできなかったらヤバい(Jrはディプレイ無しなのでネットで全て設定します、ディスプレイセットモデルもありますが・・・)。
結論:
pHのモニタリングを含めるのであればLite以上のほうが後々安心かと。

■Lite vs 最上位 比較考察
Liteと最上位について比較をしてみます。
まずは差異です。Liteが劣っている点です。
・セカンドpHポートがない。
・pH probeが付いていない。(←結構重要!)
・VD(可変コントロール)ポートがない。

Liteから最上位に近付けるために必要なコスト(価格はList Price)
・pHポートの追加。PM1の追加購入。($74)
・VDポートの追加。VDMモジュールの追加購入。($99)
・pH Probeの購入。($44)

差異と価格差については以上です。それでは致命的な壁はあるのでしょうか?
なさそうで実はあります。
最上位はコントローラー本体にpHポートが2つ、VDポートが装備されています。
つまり、後から追加するより省スペースなのです。
LiteにはpH Probeが付いていないのでLiteと追加購入すると、
上位との価格差はわずか$86・・・日本円で7,000円弱。

★Liteに対する私的なコメント
pH probe入れると最上位との価格差は僅かです。せこいことを考えずに最上位を購入すべきかと思います。

ちなみに私は既にApexの注文を入れております。

来週には届くでしょう・・・。

何を買ったかと言いますと、



Apex Liteです・・・orz

数十ドル浮かすようなせこいことせずに最上位にしておけばよかった・・・人柱乙。

なおこの記事の内容はド素人の私の調査によるものなので誤りがあるもしれません。あらかじめご了承下さい(笑)
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
やっぱりこの手のパッケージ商品は上位セット(高価セット)がお得なんですよね(^_^;)
要らない物もセットされてる可能性はありますが(アクアトロニカの場合)、apexの場合は、上位セットを選んでもむしろつけ足しの可能性がありますね。
基本的に何をコントロールしたいかで選択は決まってくると思います。
大抵は、phコントロール、温度、水位、塩分濃度くらいでしょうか?
あとはorpやらあまり必要の無い物?
それら自分が管理したい項目を比較検討してどのセットがお得かでしょうね( ´ ▽ ` )
apexの場合はやっぱ上位セットが一番お得なようですね(^_^;)

しかし選択肢が多いということはそれだけ頭を悩ませますね・・・(汗
とっても参考になりました!
ありがとうございましたm(_ _)m

2012/09/08(土) 08:52 | URL | エーエイト #-[ 編集]
エーエイトさん、おはようございます。
さっそく記事をご覧頂きましてありがとうございました。
実は最上位セットにpH Probeが1つ付属していることは、この記事を書いていて気付きました。(知っていたらLiteは買わなかったです。)

仰るとおりApexの商品構成の考え方は、上位セットを選んで付け足していくという形になっているようです。
私は初回購入で
・Apex Lite
・pH Probe(Standard Grade)
を購入したのですが、さっそく塩分濃度のモニタリングもしたいなーと思っておりまして
・PM2(Conductivity Probe Module)
・Conductivity Probe(Lab Grade)校正液は別途要
も買わなければ、と考えております。上記2点で+$200なので、またお金かかるなー、と。

>あとはorpやらあまり必要の無い物?
以下URLにORPと水槽内の状態について詳しく書かれておりました。モニタリングする価値はかなりありそうです。(またお金が・・・)
http://www.littlewaves.info/marine/wq_orp.htm
2012/09/08(土) 12:31 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiahal.blog129.fc2.com/tb.php/173-cdd97028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。