上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
製作をお願いしておりました新サンプ槽が届きました。エーエイトさんが私のためにレイアウトを設計して下さった特製サンプ槽です。エーエイトさん、ありがとうございました!

それではさっそく「開封の儀」でございます。









おぉっ!




おぉぉ…白アクリルが美しいです!

白いアクリルで水槽を作ったのは初めてですが、この純白さは透明アクリルとはまた違った味わいがあります。仕切りもフランジも白に指定しました。今回、白いアクリルでサンプ槽を作ったのには、ある理由があります。

このサンプ槽は、「王様の玉座」というコンセプトで製作しました。

王様とは、泡王ことプロテインスキマー「Royal Exclusiv Bubble King Double Cone 200」です。

泡王の本体デザインは白をベースにワンポイントの赤を入れたもの。それなら泡王が鎮座するサンプ槽はやはり白ベースではないかと考えました。

そして白にするなら、LEDを内側に仕込んでサンプ槽を「ドレスアップ」してしまおうと思い立ったのでした(笑)

このLEDは「ドレスアップカー」用の防水LEDテープです。秋葉原で購入してきました。購入価格は全部で約3,000円です。



LEDテープをフランジの裏側に貼り付けます。



LEDテープ本体も白色なので目立ちません。さてLEDを点けてみましょう。



おぉぉ、美しい!

部屋を暗くして光らせてみます。



おぉぉ、妖しい(笑)


さて、泡王様を座らせてみましょう。



おぉぉ!カッコいいっ!!

このサンプ水槽は、名付けて「nanoとっちボックス」としましょう(笑)

さてこれからの工程としては、このコーキング剤を使ってLED周辺を防水処理しなければなりません。接続部やLEDの節目は端子がむき出しになっていますので。



そしてLED周辺をコーキング処理のためにマスキングをします。



と、ここまでやったものの、実際のコーキングに入る前にいくつか懸念が頭をよぎりました。

LEDを点けたサンプ槽を見ていると、ものすごく目が疲れます。青いLEDが白いアクリルに反射して、サンプ槽を直視し続けることができません。青いLEDの光は目に悪いという話もありますが、これでは今後、サンプのメンテナンスにも支障が出てしまいます。

またコーキングでいくら防水処理をしたとしても、素人の私が完璧に防水加工できる自身は無く、LEDテープが錆びて飼育水の有害な物質が落ちたらサンゴの飼育にも影響がでるでしょう。

さらにサンプ槽のアクリルにも、余計な負荷をかけてしまいます。アクリルというのは意外とデリケートで、テープなどを貼っていたら、テープの粘着部分と化学反応を起こして跡がくっきりと残ってしまいます(旧水槽で実証済み)。アクリルの接合部にテープなどを貼ると、最悪の場合、接合が剥離してしまうこともあるようです。

得られるメリットは見た目だけ。反面、リスクはかなり大きい。いうことで作業中にいろいろと考えた結果、サンプ槽にLEDを仕込むのはやめました。

LEDが無くても、この白いサンプ槽だけで、十分に美しく泡王様を引き立ててくれます。思い返せば、ネットではあまりこのような白いサンプ槽をアップしている人は見たことがありません。水槽の下がすごくカッコよくなりました!



しかし残ったLEDテープ、せっかく買ったのにもったいない…。これを自分の車に付けてドレスアップするような趣味でもないし。



ならばキャビネット内の間接光として使ってみようということになりました(笑)少し光量を落として、キャビネット上部の裏側に貼付けてみました。



これならあまり目も疲れません。なかなかオシャレでいい感じです。

泡王側の水位はエーエイトさん推奨の21cm、常に一定になっています。エーエイトさん、いろいろとご指導いただき、本当にありがとうございます!



TUNZEの揚水ポンプも余裕で入り、ZEOリアクターを入れる空きスペースも十分にあります。

おっと、さっそく泡王にいい感じの泡が上がってきました!素晴らしい!



以上、新サンプ「nanoとっちボックス」導入のご報告でした!
コメント
この記事へのコメント
こんばんはー
素晴らしい!
マジ素晴らしい!
白アクリルでサンプを作るなんて目から鱗です\(^o^)/
泡王にもマッチしてるし、このセンスはお見事です!
とっちさんが先に作ってたら絶対にパクってましたw
んー、これはマジで羨ましいです( ´ ▽ ` )
次回(もう無いと思いますが・・・)サンプを作る機会があったらパクらせていただきますw

LEDテープ・・・
やはりサンプ直付けは危険ですよね(^_^;)
多少なりとも熱を発するし、コーキングも熱とか大丈夫かなって心配になるし(汗
見た目は最高ですがw
キャビネットの内側でも十分にキレイじゃないですか\(^o^)/

泡もいい感じになりましたね!
Tunzeのポンプ側がかなり水量が少ないので、水分蒸発による水位低下だけはくれぐれもお気を付けください(>_<)
あ、apexで自動給水にされるんですよね?
その辺のセッティングも完了されたら是非講義してください( ´ ▽ ` )ノ

んーしかし素晴らしいサンプだw
欲しい(^_^;)



2012/09/16(日) 19:53 | URL | エーエイト #-[ 編集]
こんばんは
本家のサンプみたいで白アクリルよいですね。あとはリアクターがちゃんと入れば完璧そうです。
水没できるLEDはなかなか無いですね。夜間照明に使っているバブルカーテンも海水で使えるかどうかわからないので、水没まではさせていません。
2012/09/16(日) 22:13 | URL | mjneko #mQop/nM.[ 編集]
エーエイトさん、こんばんは。コメントいただきましてありがとうございました!
いっぱいリスペクトしていただきありがとうございます。
お見事のお言葉、とても嬉しいです。エーエイトさんから水槽の下もセンスが問われることを教わり、きれいなサンプ作りを目指しました。
このサンプ、本当にエーエイトさんのおかげで完成しました。レイアウトも設計いただきましたが、そもそもコトブキのあの水槽でZEOvitやろうなんて思っていたので・・・今を思うと何て無謀だったんだろうと(笑)
白アクリルは本当に泡王とマッチします。水槽の下がまるでスターウォーズに出てくる設備のような美しさです。異様な存在感がありますし、水槽下のきたない背景を隠してくれますし(笑) 白アクリル、正解でした。

それからLEDテープは危険な発想でした。おっしゃるとおり熱も結構ありましたので、これはやめたほうがいいだろうと。

水量に関するアドバイス、ありがとうございます!気をつけます。
Apexによるコントロールはちょっと先になりそうですが、システムができあがりましたらまたご報告いたします。

>んーしかし素晴らしいサンプだw

水槽の下の美しさのご評価にはとても厳しいエーエイトさんからそう言っていただけると、本当に嬉しいです。これからも頑張ります!
2012/09/17(月) 00:00 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
mjnekoさん、こんばんは。
白アクリルのサンプ、想定以上の美しさでした。あの英国製のZEOリアクターは余裕で入るので、無事にZEOvitが始められそうです。
mjnekoさんはバブルカーテンをお持ちなのですね。私は水没できるLEDでMaviというのを持っているのですが、やっぱり水没させっぱなしにする勇気がなく、ほとんど使っていません。持っているのがパープルという妖しい色だというのもありますけど(笑)
2012/09/17(月) 00:05 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
白いサンプ素敵ですね~ しかもライトアップまで!!
魚入れたくなりますねw
泡王との組み合わせも素敵です。
うらやまし~
2012/09/18(火) 18:17 | URL | Youichi kato #-[ 編集]
Youichiさん、こんばんは。
ご覧いただきありがとうございます!
先日はZEOについてお教えいただきましてありがとうございました。

白アクリルで作ったサンプ槽は思っていた以上にカッコ良くて、泡王ともマッチしますし、とても満足しています。
泡王の水流や仕切りの滝が、LEDの照明で底面の白アクリルに揺らいで映るので、見ていて飽きないんです。
本当にいろいろなことが想定以上に良かったです!
2012/09/18(火) 19:26 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiahal.blog129.fc2.com/tb.php/187-3c354a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。