上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなものを購入しました。メデタンカプセルです(笑)



アクア用品ではありません。でもアクアリウムに使います。

このメデタンカプセルは、光触媒の技術を応用した製品で、水道水をペットボトルやポリタンクに入れて長期保存するためのものです。水道水を満たしたペットボトルに、このメデタンカプセルを入れておくだけで、光触媒で雑菌類を分解・除菌し、長期的に飲める状態を維持するとか。メーカーサイトには掲載されていないので、製造終了している商品だと思います。

メデタンカプセルの裏面です。「MADE IN JAPAN」、信頼の日本製です。



光触媒(酸化チタン)が自然光からのエネルギーを受けることで、細菌に対して電気的・化学的変化を起こさせ、分解し、無害化させるとか。ですので光照射が必要ですが、一日数時間の室内の光で充分とのこと。この小さなカプセル1個当たりで、5リットルの水が最長7年間も非常用飲料水の保存ができるとか。

本体はこんな感じです。プラスティックのカプセルの中に、黒い光触媒素材が入っています。



ではこれをアクアリウムでどのように使うか、ということですが、ずばり「自動給水」です。

うちのRO浄水器は飲料用や料理用にフル稼働しているのでキッチンに設置しておりますが、水槽からは遠くて繋ぐことができません。ですのでRO水を容器にいれてポンプで自動給水します。

しかし・・・RO水は消毒用の塩素が完全に抜けた「なまもの」です。常温で放置していれば、1~2日で腐敗が始まるでしょう。ですので何らかの腐敗対策が必要になります。

私は光触媒でRO水の腐敗対策をしてみようと思います。

メデタンカプセルは水道水の保存が対象となっているので、RO水の場合にはどの程度効果が発揮できるのかはわかりません。まあ水道水で7年も持つのだから、1週間周期でRO水を交換すれば充分使えるのではないかなーと思っております。

ちなみに自動給水は、Apexでコントロールします。必要な機材は今、集めている最中で、あとポンプが届けば揃います。ポンプには安いドーシングポンプを使うつもりです。ドーシングポンプなら細かな量の加水ができるのと、チューブが細いので腐敗防止にもなるかと考えました。

制御はConductivity(塩分濃度)とフローティングスイッチの両面で行う構想を立てています。さてこの自動給水構想、果たしてうまくいくでしょうか・・・!?

とりあえずポンプが届くまでの間、コップにRO水を入れてメデタンカプセルの実力を実験してみたいと思います。



左がメデタンカプセル入り、右が何も無しです。さてどうなることでしょうか?
コメント
この記事へのコメント
こんにちは~
これは面白い実験ですね!
効果の程は定かではありませんが、何もしないよりはきっとマシでしょうw
RO水はおっしゃる通り、常温保存では数日で雑菌が出るでしょうね・・・
とは言うものの、現実的には一週間くらいはキャビネットや水槽近辺に放置する訳ですからこういう対策で少しでも効果があるならいい案ですね。
とっちさんも色んな情報やプランをお持ちじゃないですかw
塩分濃度とフロートスイッチ両面での給水はいいですね!
上手くいったら是非ノウハウをm(_ _)m


2012/09/27(木) 11:56 | URL | エーエイト #-[ 編集]
エーエイトさん、こんにちは!コメントありがとうございます!

>とっちさんも色んな情報やプランをお持ちじゃないですかw

いえいえ、もう思い付きと行き当たりばったりでやっていますので(笑)
珍妙なトライばかりですが、ネタとして楽しんでいただければと思います。

>塩分濃度とフロートスイッチ両面での給水はいいですね!
>上手くいったら是非ノウハウをm(_ _)m

はい!
塩分濃度はConductivityのモニタリングで1日単位でじわじわと上がることが分かりました。当然といえば当然なのですが。Apexで究極に安定した水槽が作れそうな気がしています。温度の変動は±0.2度まで落とせました。これからうまく行くか分かりませんが、これらの珍妙記事が少しでも何かのお役にたてると嬉しいです!
2012/09/27(木) 12:27 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
こんばんは
人間が飲むようのRO水入れにこれ使ってます。効果はよくわかりませんw
自動給水用に、タンクにRO水をためていますが特に問題なさそうですよ。すでに記事にしてありますが、一日一回、自動で給水されて多少は水の入れ替えがされます。

ちなみに、RO水をそのままにしておいても栄養源がほとんどないので変わらないかもしれませんが、結果に期待しますw
2012/09/27(木) 22:14 | URL | mjneko #mQop/nM.[ 編集]
mjnekoさん、こんばんは。
mjnekoさんもこの商品、お持ちなんですね!
RO水の置き水による給水でもあまり問題ないのですね・・・。
もう一度mjnekoさんのブログの記事を読み返してみます。
給水の回転が速いからというのと、栄養源ないからすぐには腐敗しないということでしょうか。
なるほど。。。

アクアで必要ないようなら、私も人間用に使います!
2012/09/27(木) 22:58 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
こんにちは~
とっちさん、ちょっと教えてくださいm(_ _)m

今日からPAが10%オフなのでApex買おうと思うんですが、
フルセットの$455のやつ買って、あとは何が必要ですか?

やりたいことは・・・
・phコントロール
・常時測定のphメーター
・温度計
・水位コントロール
・塩分濃度計

おいらの認識だと、
塩分濃度用のProbe Module2 $85
塩分濃度センサー Lab Grade Conductivity Probe $115

で問題ないでしょうか・・・?
きちんと確認してないし、ちょっと調べる時間が無いのでお教えくださいm(_ _)m


2012/09/28(金) 13:43 | URL | エーエイト #-[ 編集]
エーエイトさん、こんにちは。遂にApexに逝かれるのですね!

必要なものですが、以下の通りです。

・Neptune Apex Controller $454.99
・Probe Module 2 $84.99
・Lab grade Conductivity probe $114.95
・Conductivity Calibration Solution $2.95
・Neptune I/O Breakout Box $39.95

Conductivity Calibration Solutionは校正液ですが、日本では入手困難っぽいので私は複数購入しました。

I/O Breakout Boxは水位コントロールのためのフロートスイッチ接続に必要です。フロートスイッチは既にお持ちですよね?

あと、Apex本体にはpH Probeが1つ付いております。pHコントロール用に1つと、水槽のpH常時測定にもうひとつプローブが必要です。既にお持ちのpH Probeが使えるかどうかは分かりません。たぶん使えると思うのですが・・・。

取り急ぎお伝えいたします!
2012/09/28(金) 14:40 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
こんにちは~
早々のお返事ありがとうございます\(^o^)/

$455のセットってphプローブ1本しか入ってないのですかね?
なんか2ndプローブもあるようなんですが・・・
このへんの細かな中身がイマイチ理解出来ていないです(泣

まぁどうせphプローブは消耗品なのでいくつか買っておいてもいいんですがw

2012/09/28(金) 17:02 | URL | エーエイト #-[ 編集]
こんにちはです!
Apexの$455のモデルはpH Probe 1本しか付いておりません。
内容物は以下に記載されております。
http://www.neptunesys.com/index.php?page=shop.product_details&flypage=shop.flypage&product_id=61&category_id=20&manufacturer_id=0&option=com_virtuemart&Itemid=26

pHポートは2つ装備されているので、PM1はいりません。
それからConductivity Probeのキャリブレーションはフォーラムによると月1回という話もあるので、校正液購入の際には注意してください。
2012/09/28(金) 18:21 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/28(金) 19:20 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiahal.blog129.fc2.com/tb.php/201-d9375aeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。