上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクアコントローラーApexにConductivity probeを付けて塩分濃度のモニタリングを開始しましたが、その変動の大きさに驚いております。以下のグラフは2日間の塩分濃度の変動です。

conductivity3.jpg


スタートは33.5ppt、最高33.8ppt、最低33.2ppt、48時間で上下0.6pptしています。
そして意外なのが、塩分濃度が下がっていること。水が蒸発すれば塩分濃度が上がるというのは理解できますが、下がるというのはどういう理由があるのでしょうか?プロテインスキマーが塩分を抜いている?

しかしよく考えるとpptとは1/000の単位。パーセント(百分率)に変換すると0.06%ということなので、「まあ大した変動じゃないな」とも考えられます。でもそんなに甘い話でもない事がわかりました。

そもそもConductivityとは何なのでしょうか、ということでいろいろと調べてみました。

Conductivityとは「導電率」のことで、液体の電気の通りやすさを示す指標のこと。堀場製作所のサイトに詳しい説明があります。

Conductivityの単位はS/cm(ジーメンスパーセンチメートル)ということで、Apexが表示している単位pptとは異なります。ApexはSalinity(塩分濃度)で表示しているのでした。

海水魚飼育では飼育水の塩分を測る指標として「比重」を使うのが一般的だと思っています。ですので私も「導電率」や「塩分濃度」と言われても全然ピンときません。

「結局それって比重で言うといくつなの?」と、比重で考えたくなります。導電率から塩分濃度に自動変換しているなら、比重で表示してくれてもいいのに・・・と思ってしまいます。

では塩分濃度から比重を換算する表を、ということでネットをいろいろと探してみたところ、深いトラップにはまることになりました。
いろんなサイトで換算表が見つかったものの、それぞれ値が微妙に異なっており、どれが正しい換算表なのか全く分からないのです。(Googleで「salinity specific gravity table」と検索しますと換算表がヒットします)

Apexが比重で表示しないのは、そういった理由があるのかもしれません。

もちろん、温度によって「導電率」「塩分濃度」「比重」が変動するのは分かっています。と言いますか・・・正直に言うと、今までそんなことも知りませんでした(笑)実はApexのConductivity probeを設置する中で知ったのです。

もっと正直に言いますと、マリンアクアリウムを始めてからずっと使っていたCoralifeの比重計に書かれている「1.020~1.023」の印に入っていればいいんだよね・・・なんて思っていました(苦笑)。温度と比重の関係なんて全く気にもせず。




で、結局SPS飼育にベストな「比重」「塩分濃度」はいくつなのでしょうか・・・。

と悶々としていて、ふと思いました。
「そういえば、ZEOvitのマニュアルではどんな比重が推奨されているんだろう・・・??」と。

さっそく確認してみると、ZEOvitのマニュアルにちゃんと書いてありました。しかもSalinityで34~35pptと!!

なるほど。もう比重ではなく、Apexに表示される塩分濃度だけを気にすればいいんですね。

しかし、よく考えると・・・マニュアル記載のSalinity(塩分濃度)推奨値ミニマム34ppt、マックス35pptってレンジたったの1ppt、百分率で0.1%、比重で言うと0.0008しかありません。

やっぱりZEOvitは厳密な管理が要求されるのですね。。。
うちの水槽で2日間に0.6pptも変化するのに(~_~;)

今回はまだ2日間のデータしか取れていません。もう少し長期で変動を見れば、また別の何かが見えてくると思います。

(9/30追記)
3日目で塩分濃度は33.0pptまで下がりました。たった3日目で上下0.8pptは看過できない変動です。原因は何なのでしょうか?プロテインスキマーが水槽の大きさに対して、オーバースペックだったとか?

コメント
この記事へのコメント
こんにちはー
またまた詳細なレポ、乙です( ´ ▽ ` )ノ

魚中心の海水水槽は1.023がデフォのようですが、ミドリイシ水槽は1.025くらいの少し濃いめの濃度がオススメと言われています。
なので23℃〜24℃の気温ではやはり34〜35が理想値のZEOはやはり1.025くらいなんですね。
今まで適当に1.025をキープさせてましたが一安心ですw

2012/09/30(日) 10:56 | URL | エーエイト #-[ 編集]
エーエイトさん、こんにちは!
SPSは比重が高めなんですね。私は魚中心で比重が低めだったので、1.025というとかなり高いなーというイメージです。
今Apexで検出されている塩分濃度33を35pptまで上げるってことはかなり濃い感じです。

>今まで適当に1.025をキープさせてましたが一安心ですw

ですね!

うちは水槽が小さいので、変動が大きいんじゃないかと思います。ですので高度な飼育においては、むしろコントローラーみたいなものがあると安心です。
2012/09/30(日) 12:07 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
うちはサンゴ水槽なので34ppt~35pptで安定させてます。でもここまで変化するのはなぜでしょうね。ジュンCo.のサリニティ+PHモニターも結構不安定だったので、塩分濃度測定って結構大変なのかもしれませんね。
ちなみに、塩分濃度が高い方がスキマーの効率も上がるようです。
2012/09/30(日) 13:56 | URL | mjneko #mQop/nM.[ 編集]
mjnekoさん、こんにちは。
mjnekoさんはSalinityで飼育されているのですね。安定しているとのこと、さすがです。
私の水槽はなぜここまで変動しているのか、分からないです。Apexの測定は信頼しているのですが・・・。泡王を疑っているのですが、まだ原因は分かりません。
給水の仕組みも準備できたのですが、ここにRO水入れたらさらに塩分濃度が下がってしまうので、どうしたものかと(笑)
2012/09/30(日) 14:18 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
とっちさんおはようございます。
気になって再度コメントします。

このpptの変動ってもちろん自動給水システムを設置せずに、ってことですよね?
常識的に考えれば水分蒸発で塩分濃度は濃くなりますよね・・・
RO水を足していないのに濃度が下がることは考えられないんですよ(汗
当然スキマーで塩分を除去なんてしません・・・
可能であれば屈折式の比重計かデジタル式で計測してみて、プローブが正常かどうかを判断してみてください。
しかし謎ですね・・・


2012/10/10(水) 09:31 | URL | エーエイト #-[ 編集]
エーエイトさん、こんばんは。
名古屋出張に出ておりまして、返信が遅くなりました。

実は私も塩分濃度の測定を始めてから不思議だなーと思うことが多々あります。
この塩分濃度の下がりはもちろん足し水をしておりません。
濃度が下がるということの仕組みが理解できておりません。
それから水換えをした後はなぜか数日かけてじわじわと塩分濃度が上がっていきます。そして想定以上の塩分濃度になってしまいます。
この仕組みもよく分かりません。
機器の不良というのも仮説としては考えられます。
ただ、もしこれを正として塩分濃度の調整を行えば、すごく安定した水槽ができるのではないかと思っています。
何か専用の検査機器があるといいのですが…。
いろいろと悩ましいです。
2012/10/10(水) 21:24 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiahal.blog129.fc2.com/tb.php/203-9793fcff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。