上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクアコントローラー ApexのVirtual Outletを使ってみます。

ApexのOutletの概念に関する詳しい内容は日本初Apexユーザー、ハナさんの記事をご覧ください。
この記事では仮想的なアウトレット、Virtual Outletについて触れてみます。

アウトレットは通常EnergyBarの電源ポートの制御に使うのですが、電源ポート以外にも自由に追加することもできます。この、ユーザーが追加したアウトレットがVirtual Outletです。
Virtual Outletを使うことで、アウトレットの特性であるON/OFF状態を活用したプログラミングを行うことができます。アウトレットの特性を持った関数、と言ったほうがプログラムが分かる方にはピンとくるかもしれません。

それでは実際にVirtual Outletを使ってみたいと思います。以前、アクアトロニカの漏水センサーとApexとの接続を紹介しましたが、この漏水センサーをVirtual Outlet化したいと思います。

まずApexにWebブラウザーでアクセスして、ConfigurationメニューのModule Setupを選択します。

VO1.png

Apex Module Setup画面のAdd moduleでメニューは「DirectConnect 8(DC8)」、AddressもA1のまま、Add Moduleボタンをクリックします。

VO2.png

すると、8つのアウトレットが追加されます。今回は1つだけVirtual Outletを作りますので、一番上の「Light1_A1」だけを残し、他はOutlet Deleteボタンで削除します。

次にConfigurationメニューのOutlet Setupを選択し、Apex Outlet Setup画面でOutletを上記で作ったVitual Outlet、「Light1_A1」を選択します。

VO3.png

Outlet Nameは好きな名前を。私はVirtual Outletということが分かるように、頭にVを付けて「V_LeakSensor」としました。

Control TypeはAdvancedを選び、プログラムは以下のように記述しました。

SET OFF
If Switchx4_3 OPEN Then OFF
If Switchx4_3 CLOSED Then ON

Switchx4_3とは、モジュールアドレス4番となっているPM1に接続されたBreakOutBoxの3番スイッチ、という意味です。ここにアクアトロニカの漏水センサーが接続されております。
センサーに水がかかると、スイッチがクローズ状態になり、このVirtual OutletはONになる、という訳です。

さて、ここで作ったVirtual Outlet「V_LeakSensor」ですが、例えば水漏れを検出したら各種ポンプを停止する、といったことに使えます。例えば、自動加水ポンプでは以下のようにV_LeakSensorを記述することで、漏水による強制停止を制御することができます。

VO4.png

VirtualとはいえApexでは一つのアウトレットとして扱われるので、Apexの最新ファームウェアの新機能であるダッシュボードにも表示されます。

VO5.png

実験として漏水センサーに水をかけてみました。



iPhoneアプリのアウトレット状態を表示する画面でも確認できますので、水漏れが起きているかどうかを即座に確認することができます。



今回はセンサーの状態をVirtual Outlet化してみました。Virtual Outletは関数みたいなものなので、共通のパラメーター(例えば水槽メンテナンスのための停止時間)に使ったりなど、いろいろな活用方法があります。
コメント
この記事へのコメント
とっちさん。こんばんわ。

3回ほど読み直して理解しました。・・・タブン(^^;

水漏れセンサーはAPEXではデフォでの設定が無いので、『一度、水漏れセンサーの出力結果を受けるVirtual Sensorを作って、そのON/OFF結果を更にメインポンプ停止命令の”条件”とする。』
ということですかね?

だとしたら私の”Outlet”の解説は結構微妙ですね。(大汗)
とっちさんのV_LeakSensorは一次的にはプログラムの
出力側(動作側)ですけどメインポンプの制御プログラムでは入力側(情報側)ですもんね。
・・・む、難しい。
ま、最終的には『いじっておぼえれ!』ですね。(オイ!)


ところで、唐突なんですがMYブログをFC2に引越ししようとしています。(今夜中)
楽天ブログがやる気なくて機能を次々と廃止してるので引越し先を探してました。
一度は『忍者ブログ』にして(名前に惹かれて(^^; )、自力で引越し作業をしようとしたのですが、最終的に『自動で引越しをやってくれる』ということでFC2にしました。
FC2スゲーです。ユーザーが多いのも納得しましたよ。

ということで、お仲間に加えていただくことになりましたので、今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m


2013/01/14(月) 20:36 | URL | ハナ #VGSME9FQ[ 編集]
ハナです。連投すんません。

上記RES一部訂正です。
4行目の『Virtual Sensor』は『Virtual Outlet』の間違いです。m(__)m

2013/01/14(月) 21:13 | URL | ハナ #VGSME9FQ[ 編集]
とっちさんこんばんは。
途中まで読んで読むの止めましたw
でもハナさんのコメントで少〜しわかったかなw?
今週お会いした時に質問攻めにしますので覚悟してください( ´ ▽ ` )

2013/01/14(月) 21:18 | URL | エーエイト #-[ 編集]
こんばんは
お、こんなのもできるんですねー
Apexのプログラム関係はまだ始めたばかりで完全には理解でいませんが、簡易言語とはいえ組み合わせで結構いろいろできそうな感じですね。
2013/01/14(月) 23:07 | URL | mjneko #mQop/nM.[ 編集]
ハナさん、こんばんは。とっちです。
やっぱり分かりづらいですよね・・・自分、ITライティングのスキルゼロっぽいです(笑)

Virtual Outletについてのハナさんが感じた違和感は全く同感です。
アウトレットというと名前からして出力そのものですよね。でもVirtualになった瞬間、入力側の機能も得てしまう違和感...。
そのいい加減な世界がApexなのかも(笑)
Virtual Outletはどう考えても入力側ですもん。
私はVirtual Outletは「関数」なんだと深く考えずに使うつもりです。
たぶん、作った側もあまり深く考えていなさそうです(笑)

ところでハナさん、fc2に移行されるのですね!
Welcome fc2です!
fc2はいいですよ。モバイルアプリも強力ですし。
私はfc2有償版にするつもりです。

ぜひこれからも宜しくお願いいたします!
2013/01/14(月) 23:22 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
エーエイトさん、こんばんは。とっちです。

>途中まで読んで読むの止めましたw

すみません><
自分、どうやらITライティングのスキルはなさそうです。
訪問当日、口頭でお話させてください。質問攻め、覚悟しております!
すごく楽しみです!
2013/01/14(月) 23:25 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
mjnekoさん、こんばんは。とっちです。
mjnekoさんもついにApexの御導入ですね!
私のようなド素人ではなく、上級者のmjnekoさんがどのようにApexを活用されるのかとても楽しみです。
mjnekoさんのすごい使いこなしを楽しみにしております!
2013/01/14(月) 23:30 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
とっちさん、こんばんは。
個々の機器に対するサブルーチン的なものを用意しておいて、メインコントロール時に呼び出して利用するような使い方ですよね。
自由度が高くて面白いですね。

ここからは、私的要件です。
先日とっちさんにメールさせていただきたかった内容なんですが、
Neptune Apex Controller
pH Probe_Option
Neptune pH Probe
Probe Module 2 (Conductivity, Temp)
Lab Grade Conductivity Probe
Conductivity Calibration Solution - 53.0 mS Neptune I/O Breakout Box
という構成で発注をかけているのですが、これらを接続するためのケーブルは何を用意すればよいのかよくわからなかったもので質問させて頂きました。
手元に本体が来ていないので同梱されているものもよくわからないですし、Aqua bus Cableとかいろいろあって。。。
サリファートのPotasium試薬やZEO消耗品を注文するついでに必要なものを注文しておこうかと思いまして、、、ご教示よろしくお願いいたします。
ORP電極はあそこでは売り切れでしたのでよそで買わなくては。。。
2013/01/15(火) 00:39 | URL | neo #Ohl5bwZ2[ 編集]
neoさん、こんばんは。とっちです。
メールの件では行き違いがありまして大変失礼いたしました。
そのシステム構成ならケーブルは一通り揃っているはずですので、追加のケーブルは要らないはずです。
AquaBusケーブルを単体で購入するシーンはケーブルの紛失や故障などです。
機器に付属しておりますので大丈夫なはずです。(間違えていたらごめんなさい)
間違えてもUSBケーブルは似ているからといって使ってはいけないようです。

私が受けられるメールアドレスを公開しますので必要であればご連絡ください。

tochiapex@gmail.com

エーエイト師匠を通じてお会いできることを楽しみにしております!
2013/01/15(火) 01:17 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
とっちさん、初めまして♪

今まで読み逃げしてましたが、
今回で頭から煙が出てきましたw

後3日かかっても理解できる自信がありませんw

でも、興味はあるのでまた遊びにきます♪
2013/01/17(木) 00:42 | URL | まさ #-[ 編集]
まささん、はじめまして。とっちです。
コメントいただきましてありがとうございます!

すみません、分かりづらいのは私にITライティングのスキルが無いからです。
これはみなさんからもご指摘いただきました。
でも懲りずにまた起こしください(笑)
これからもよろしくお願いします!
2013/01/17(木) 01:08 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiahal.blog129.fc2.com/tb.php/274-3a58415d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。