上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
添加しているZEOvitやコーラルカラーの添加剤は、全て手で添加しています。
ZEOvitをはじめる前は、

「たくさんの添加剤を手で添加するなんて面倒くさそう・・・」

なんて思っていましたが意外なことに添加するのも楽しくて面倒さを感じません。
添加量の記録はアップル純正アプリ「Numbers」で記録しておりますが、ZEOvit開始から一度も記録を怠ったことがありません。

「自分、こんなにマメだったか・・・!?」

と驚くほどです。

しかしそんな添加作業もちょっと手間がかかるなーと感じる点があります。

それはスポイトが付いていない容器に入っている添加剤を単体のスポイトで計量して添加することです。

現在添加している添加剤でスポイトが付いていない容器のものは、

・コーラルカラー A/B/C/D
・ZEOStart3
・K-Balance
・Xtra Special

の7種類になります。
スポイトは1回使ったらRO水で洗いながら添加していくのですが、これが本当に面倒です!
スポイト付きの添加剤はサイズが小さいのでコスト高ですし、まだZEOをはじめて間もないので空いたスポイト付の容器も少ないです。(先日、実家に3本もあげてしまったし・・・)

ということでスポイト付きの容器を探していたのですが、これが意外と見つからないんです。

できればZEO風なガラス製のスポイト付きビンが欲しいのですが、ホームセンターなどを探してもなかなか売っているのを見つけることができません。

それではネットを探してみようということで楽天やAmazonを探すのですが、そもそもこのZEOのスポイト付きのビンってなんという名前なのでしょうか?名前が分からなければ検索することができません。

いろいろとネットで探しているうちに、「遮光瓶」という名前であることは分かりました。

しかし遮光瓶で楽天、Amazonで検索しても、微妙にいい容器が見つかりません。たまにいいのがあるけど妙に高かったりして。

しかしここで諦めずにさらにネットを探したところ、ちょうどいいのが見つかりました。

ミキシング・ボトル コバルトブルー 30ml
「ミキシング・ボトル コバルトブルー 30ml」(楽天へのリンク)

です。

これ、遮光瓶ではヒットしないんですよね・・・。
ミキシングボトルって何?何か混ぜるのに使うの?
で調べたところ、アロマオイルやフラワーエッセンスを入れておく容器をミキシングボトルと呼ぶらしい…。


ということでさっそく楽天のケンコーコムからこのミキシングボトルを10個まとめて購入してみました。ケンコーコムは少量でも送料が安いからよく利用しています。10個買ったので送料無料条件はクリアです。



箱を開けてみます。



おおっ!ZEOの添加剤がイッパイ!

ではなくて空の瓶ですね(笑)
このコバルト色のガラス瓶を見るとなぜか脊髄反射してしまいます。



形状はZEO純正とはやや異なりますが(特にキャップやスポイトの形状)、瓶の色合いはかなり近かったので嬉しいです。楽天の写真は妙に薄い青色だったので。

で、せっかくZEOに似た小分けの瓶が入手できましたし、このまま使うのもつまらないので、こだわったラベルを貼りたいと思います。


コーラルカラー A/B/C/Dからやってみましょう。

コーラルカラーの4本セットのボトルのラベルを剥がします。



剥がすときは裏面のほうから剥がすのがポイントです。前面を使うので前のラベルを傷つけないために。



ミキシングボトルに貼りたい箇所をハサミで丁寧に切り取ります。



このラベルは右上が丸く切られているので、他の四隅も丸く切り取ります。

ミキシングボトルに貼り付けます。その際に事前にボトルについている手の脂を拭き取っておきましょう。脂がついているとラベルが剥がれやすくなりますので。



うぉっ!いい感じです。ラベルを剥がしたコーラルカラーのボトルには油性ペンで添加剤の名前を書いておきましょう。分からなくなると大変です。

添加剤を注いで完成です。



じゃーーーん!カッコいい!!





次にZEOの添加剤に行きます。

大きなボトルのものを小分けして添加しやすくするのが今回の目的です。さてどうしましょうか?

うーん。とりあえず、ラベルを剥がします(笑)



ラベルが大きいのでこれをミキシングボトル貼り付けることはできません。A4の紙に貼り付けましょう。



…ってやってしまった後に気付いたのですが、クリアフォルダーなどに貼り付けたほうが元のボトルに貼り戻しができたかも。
紙に貼り付けてしまったので剥がすことができません(笑)このZEOStart3のボトルはラベル無しのまま消費することにします。

さてこれを光沢ラベル用紙に縮小コピーします。コツとしては、長辺が10cm位に縮小するのがちょうどいいです。



ハサミで切り取ります。



また脂を拭き取ってミキシングボトルに貼り付けます。



うおぉっ!!そのまんまじゃん!

これで添加も楽になりました~。



スポイトの先端はこんな形です。このミキシングボトルのスポイトを測ったところ、9滴で0.5mlでした。

ミキシングボトルのご紹介でした(笑)
コメント
この記事へのコメント
とっちさんこんにちは。
スッゲースッゲー!
これ最高!マジウケるwww

やっぱアクアもオシャレじゃないとね(^_-)-☆

しかし仕事がクソ忙しい人が、アクアのことになるとこんな面倒なDIYをやってしまうなんて・・・

アクアバカですねw

この青瓶、おいらも色々さ探したけど探せませんでした・・・
ナイスな情報です!
こりゃケンコーコム、バカ売れするなw

2013/02/05(火) 12:47 | URL | エーエイト #-[ 編集]
エーエイトさん、こんにちは。とっちです。
コメントありがとうございます。
旧記事のほうにもコメントいただいていたのですね。
ページに不具合が見つかったので再掲載したので失礼しました。

>スッゲースッゲー!
>これ最高!マジウケるwww

あ、ありがとうございます!
これ、ずっと前からやりたかったんです(笑)

>やっぱアクアもオシャレじゃないとね(^_-)-☆

はい。
エーエイトさんの影響をかなり受けております(笑)

>しかし仕事がクソ忙しい人が、アクアのことになるとこんな面倒なDIYをやってしまうなんて・・・

>アクアバカですねw

はい、我ながらどんだけアクアバカなんだと(笑)
日中は忙しいから夜中の1時2時に寝る時間を削ってこんなことをしてしまいます。

>この青瓶、おいらも色々さ探したけど探せませんでした・・・
>ナイスな情報です!
>こりゃケンコーコム、バカ売れするなw

私もずっと探していました。
やっと見つかった〜って感じで嬉しかったです。
50mmがないので大きな水槽をお持ちの方には小さいかもしれないですね。

本日はまささんにお会いしミドボンのお世話になってまいります。
エーエイトさんからもまささんにお願いしていただきありがとうございました!
2013/02/05(火) 13:02 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
こんにちわ♪

コレすごいですね!
しかしよく探しましたね!

真似するショップもあるかもw

そういえば、うちにアロマの瓶が大量にあるけど、
嫁はちゃんと使っているのだろうか・・・w

では、後ほど♪
2013/02/05(火) 14:45 | URL | まさ(^^) #-[ 編集]
まささん、こんばんは。とっちです。
コメントをいただきましてありがとうございます。
また、本日はどうぞよろしくお願いいたします。

>コレすごいですね!
>しかしよく探しましたね!

これ、本当に探してたんですよ。
やっと見つかった〜という感じです。
勢い余って10個も買ってしまいました(笑)

>真似するショップもあるかもw

ショップで殻瓶売ると売れるかもしれないですね。

>そういえば、うちにアロマの瓶が大量にあるけど、
>嫁はちゃんと使っているのだろうか・・・w

これもアロマオイルを入れたりするためのものみたいです。

>では、後ほど♪

はい!お世話になります!
2013/02/05(火) 18:52 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
とっちさん、ども。

>「自分、こんなにマメだったか・・・!?」

いや、とっちさんがマメでなかったら私なんかどうなるんですか、マメ以下ってことは・・・・・。



・・・・・・面白いこと浮かびませんでした。(^^;ゴマ?


>しかしここで諦めずにさらにネットを探したところ、ちょうどいいのが見つかりました。

ぐれーと! まんまZEO瓶ですね。
私も色々と探してたんです。”MonotaRO”っていう工具関係の通販サイトの科学研究・開発用品のカテゴリでスポイト瓶ってのはあったんですが、色が透明か茶色でイマイチでした。
これ色が良いですね。


てか、ラベルまでこんなにキレイに。(笑)サスガ!

私は多分、手書きです。www


では。

2013/02/06(水) 00:26 | URL | ハナ #VGSME9FQ[ 編集]
すごいグッドアイデアです!!

ちょっと探してみましたが、アメリカでは黒スポイト蓋のビンを発見しました。
http://www.amazon.com/Cobalt-Blue-Glass-Bottles-Dropper/dp/B0081SPX9Q/ref=pd_sim_sbs_hg_1
「dropper glass bottle」というみたいです。
まだゼオタンクにしてすらいないのに、脊椎反射はいうまでもありません。

ちなみにこのミキシングボトルの一滴はにゼオ純正のスポイトと同じ量なんですかね?
2013/02/06(水) 06:46 | URL | Shin #-[ 編集]
ハナさん、こんにちは。とっちです。
コメントをいただきましてありがとうございます。




>いや、とっちさんがマメでなかったら私なんかどうなるんですか、マメ以下ってことは・・・・・。

(笑)いえいえ、そういう意味ではなくて…(笑)

>・・・・・・面白いこと浮かびませんでした。(^^;????

失礼ながらハナさんのコメントというだけで十分面白いです^ ^

>ぐれーと! まんまZEO瓶ですね。

ありがとうございます!

>私も色々と探してたんです。”MonotaRO”っていう工具関係の通販サイトの科学研究・開発用品のカテゴリでスポイト瓶ってのはあったんですが、色が透明か茶色でイマイチでした。
>これ色が良いですね。

はい。
楽天の写真は色が薄くて不安でしたが、届いてみたら色はバッチリ、ZEO純正のまんまです。

>てか、ラベルまでこんなにキレイに。(笑)????!

>私は多分、手書きです。www

忙しいのに寝食を削ってこんなことをしているアクアバカです(笑)
2013/02/06(水) 12:16 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
Shinさん、こんにちは。とっちです。
コメントをいただきありがとうございます。

>すごいグッドアイデアです!!

ありがとうございます〜

>ちょっと探してみましたが、アメリカでは黒スポイト蓋のビンを発見しました。
>http://www.amazon.com/Cobalt-Blue-Glass-Bottles-Dropper/dp/B0081SPX9Q/ref=pd_sim_sbs_hg_1
>「dropper glass bottle」というみたいです。

みて見ました!
金額はこのミキシングボトルより若干安い感じですね。
黒いキャップも渋いっすね。

>まだゼオタンクにしてすらいないのに、脊椎反射はいうまでもありません。

やっぱり反応しちゃいますよね(笑)
箱を開けた時はビンビンに反応しちゃいました。

>ちなみにこのミキシングボトルの一滴はにゼオ純正のスポイトと同じ量なんですかね?

どうなんでしょうね。
先端の形状が違いますが、気にする必要のない誤差レベルかと思います。
2013/02/06(水) 12:23 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
こんにちは!
これ~!
スゲーですねw
確かに注射器を洗うの面倒ですからね。
僕も時間があれば真似させてもらいますw
2013/02/06(水) 13:57 | URL | sdx #-[ 編集]
sdxさん、おはようございます。とっちです。
コメントをいただきましてありがとうございます。

>これ~!
>スゲーですねw

ありがとうございます!

>確かに注射器を洗うの面倒ですからね。

はい。
あれが面倒でずっとなんとかしたいなーと思っていました。
このスポイト瓶に変えたおかげで、ZEOの添加がより楽しくなりましたよ。

>僕も時間があれば真似させてもらいますw

ぜひぜひ。
お勧めです!
2013/02/07(木) 08:17 | URL | とっち #CzHgDVgE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiahal.blog129.fc2.com/tb.php/292-82c9192a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。