上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、ようやく配管が完成しました

昨日到着したサンソーのマグポン、PMD-421B2Mを屋外ポンプ室に設置。




マグポンのマニュアルをあらためて確認してみると、「設置場所は、屋内または雨のかからないところで、周囲温度は40℃以下にしてください」と記載されております。

このポンプ室は断熱処理したガルバリウム鋼板と木材で製作した天板で塞がれるので、風雨には全く当たりません。
陽も全く当たらない場所にあり、中空のコンクリートブロックで囲ってあるので外気の影響は受けません。
ポンプの熱は、地表からの冷気で冷まされると見込んでおります。

ポンプの下には厚さ5mmほどの制振ゴム、ハネナイトを敷いております。

ポンプに通電して稼働させてみます。

おそろしく静かなポンプでびっくりしました

さすがMade in Japanのマグネットポンプ。
素晴らしい製品であることは全く疑う余地がありません。

しかしさすがに無音ではありません。
ですが、天板で塞いでみると、全く音が聞こえなくなりました。

ポンプの振動が配管に伝わらないように、マグポンの入力出力両方に耐圧ホースを挟んでいるのも、功を奏していると思います。

屋外は完全に無音の世界です。

Goooood!

ZRW750、その奥にあるのがポンプ室です。




室内はどうでしょうか。

水槽になみなみと水が溜まりました。




PMD-421B2Mでも結構な吐水量ですね。
マグポンならではのトルクの強さが感じられます。なんとなくですが

サンプは滝のようになっています。



本来ウールマットを敷くところですが、まだ買っていないので白いタオルを入れました。

アクアルームには、水の流れる音と、水が落ちる音のみが程よく聞こえます。
心地いい

アクアルームの扉を閉めると、ほとんど音は聞こえなくなりますが、わずかに水の流れる音がサラサラと聞こえます。


心地いい!


さて、アロワナ受け入れまでのアクションアイテムは以下の通り。

・水槽とサンプの蓋のオーダー。アロワナの飛び出し防止に向けどう加工してもらうかが課題。
・耐候電源ケーブルによるポンプへの給電
・水槽部屋の一部撥水加工、コーキング処理
・濾過システムの構築(濾材、バクテリアの選択)
・アクアルームへの換気扇増設(オプションとして検討中)


先は長い
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです(^人^)
アロワナは力が強いので重い蓋かネジ式の
蓋が必要になりますよね。アクリル水槽
にタップ使ってネジ切るかアクリル製の
ナットを付けると良いかも!
2015/10/05(月) 00:54 | URL | #SGnePlu2[ 編集]
ミニミニさん、おはようございます。
ご無沙汰しております〜。
ブログはいつも拝見しておりますが、相変わらずお元気そうですね!
コメントありがとうございます!

> お久しぶりです(^人^)
> アロワナは力が強いので重い蓋かネジ式の
> 蓋が必要になりますよね。アクリル水槽
> にタップ使ってネジ切るかアクリル製の
> ナットを付けると良いかも!

アドバイスありがとうございます〜
水槽はガラスなので、どう固定するか…ですね。
アクリル製の蓋にネジつけてフランジを挟んで固定するとか、いろいろと検討中です。
2015/10/05(月) 07:49 | URL | とっち #-[ 編集]
こんばんは(^^)

はやっ!もう配管して水入れたんですね!
僕は工作好きなので、作業してるときが一番楽しいかな(笑
どんなサイズのアロワナ入れられるかわかりませんが、あまり小さなアロワナを大きな水槽に入れると落ち着かないかもしれません。仕切りをするとかした方がいいかもです。
あと、結構ビビりなので表意外目隠しすると暴れて飛び出すのを防げるかも。
蓋は片面はフランジにあわせて凹を固定で作り、もう片面は凹をスライド出来るよう長穴を開けてネジで止めてました。左右二枚で取り外しも楽ですよ。
でも結構な勢いで飛ぶので、凹のかかりが少ないと外れます。僕は外れました(笑

とっちさんの水槽ですが、自分までワクワクしてきましたしてきました!
長々と知ったかぶりスミマセンm(__)m
2015/10/05(月) 19:11 | URL | no. #-[ 編集]
no.さん、こんばんは。とっちです。
遅レスすみません><
コメントをいただきましてありがとうございます。


> こんばんは(^^)
>
> はやっ!もう配管して水入れたんですね!
> 僕は工作好きなので、作業してるときが一番楽しいかな(笑

私も基本、DIY好きなのですが配管はいままで躊躇しておりました。
でも実際やってみると作業は本当に楽しいですよね!
夢中になって時間を忘れてしまいます。

> どんなサイズのアロワナ入れられるかわかりませんが、あまり小さなアロワナを大きな水槽に入れると落ち着かないかもしれません。仕切りをするとかした方がいいかもです。

そうみたいですね。アロワナも飼育にはいろいろとノウハウがあるみたいで^^;
no.さんはよくご存知ですね。さすがは元飼育者です。

> あと、結構ビビりなので表意外目隠しすると暴れて飛び出すのを防げるかも。
> 蓋は片面はフランジにあわせて凹を固定で作り、もう片面は凹をスライド出来るよう長穴を開けてネジで止めてました。左右二枚で取り外しも楽ですよ。
> でも結構な勢いで飛ぶので、凹のかかりが少ないと外れます。僕は外れました(笑

水槽の飛び出し防止対策はまじで悩んでおります。
でも・・・最近の座右の銘は「案ずるより産むが易し」なんです。
やってみて、課題があるなら事後に対処する、みたいな。
今まで水槽を放ったらかしにしてたのも、いろいろと心配しすぎていたのからなのかもと。

> とっちさんの水槽ですが、自分までワクワクしてきましたしてきました!
> 長々と知ったかぶりスミマセンm(__)m

いえいえ。
これからもいろいろとお教えください!
よろしくお願いします!
2015/10/07(水) 00:41 | URL | とっち #-[ 編集]
とっちさん こんばんは^^

マグネットポンプ設置したんですね
以前にちっこいマグネットポンプを使用した事ありますが発熱が結構なもので数秒間触れてるのが限界だた記憶が。。。
非接触温度計で計測した所60℃越えてたような記憶が。。。
とりあえず、熱かったですw
真夏は注意した方がよいかもです。
 
おいらも網フタ取り付け考えようかな。。。
流石にアロワナがフロー管に吸い込まれる事故はないですよねwww
2015/10/09(金) 02:29 | URL | Yusuke #-[ 編集]
Yusukeさん、こんにちは。とっちです。
コメントをいただきましてありがとうございます!

> とっちさん こんばんは^^
>
> マグネットポンプ設置したんですね

はい。
一年間の検討を経てようやく設置することができました^^

> 以前にちっこいマグネットポンプを使用した事ありますが発熱が結構なもので数秒間触れてるのが限界だた記憶が。。。
> 非接触温度計で計測した所60℃越えてたような記憶が。。。
> とりあえず、熱かったですw

60℃ですか!?
確かにマグポンは触れないほど熱くなると聞きましたが・・・。
真夏は要注意ですね。
非接触温度計、私も来年の春ころに購入して監視しておきたいと思います。

> 真夏は注意した方がよいかもです。
>  
> おいらも網フタ取り付け考えようかな。。。
> 流石にアロワナがフロー管に吸い込まれる事故はないですよねwww

水槽の蓋はどうしようかまだ結論がでていないんです。
密閉もしたいので網ではなく透明板にするつもりです。
アロワナ飼育者の多くはアクリル水槽でボルト固定のようで、私のようなガラス水槽は少数なんですよね。
フロー管に吸い込まれる心配はなさそうです(笑)
2015/10/09(金) 05:55 | URL | とっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiahal.blog129.fc2.com/tb.php/617-1725308c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。