上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Montblanc Meisterstuck Solitaire LeGrand Silver Fibre Guilloche、長い名前である。
私の普段使いのペンとして愛用している万年筆。ペン先はM-Nib。

DSC01732_convert_20110129184240.jpg

軸は純銀925‰のスターリングシルバー製。キャップは、アンスラサイトのファイバーグラスをギョーシェパターンに織り込み透明のラッカー塗装をしたものが、スターリングシルバーとストライプに組み込まれている。

DSC01744_convert_20110129184624.jpg

全体のカラートーンは、シルバー、グレイ、ブラックの3色となっており、ペン先以外は金のパーツは使われておらず、銀軸でありながら雰囲気に派手さはない。ファイバーによる模様が、いかにもな男っぽさというか、男のホビーらしさをかもし出している。インクはペンの雰囲気に合わせ、モンブランのブラックを使用。

DSC01742_convert_20110129184459.jpg

銀は金属で最も高い可視光線反射率を持つ物質、磨けばとてつもなくピカピカになる。しかし銀は、空気との化学反応によってすぐにくすんでしまう、いわゆる銀焼けが発生する。だから銀軸のペンは日々、手入れを欠かすことができない。少しでも手入れを怠ってしまうと、錆々感が漂うボロいペンになってしまう。しかも銀軸は指紋が目立ちやすく、皮脂ともすぐに反応してしまう。磨いても使うとすぐに握った後が残ってしまうので、一週間に一回は手入れをしている。美しさを維持するためにとても手間がかかるのが銀軸である。

DSC01740_convert_20110129184415.jpg

しかし私がこのペンを選んだ理由は、この手間をじっくりと楽しむためである。モンブランにはスターリングシルバーの軸が他にもいくつかモデルがあり、ファイバーギョーシェはどちらかといえばマイナーなモデルである。私は銀を維持ピカピカに磨くのを楽しむために鏡面仕上げの軸が欲しかった。鏡面の銀軸はこのモデルと、グラナイト岩が使われた100周年記念特別モデルSoulMakersしかない。SoulMakersは入手困難であるが、私はむしろファイバーギョーシェ柄に惚れていたので迷わず購入した。ファイバーギョーシェは2010年10月に発行されたモンブランのカタログからは姿を消している。その前の版には載っていた。おそらくもう製造はされていないのだろう。

DSC01733_convert_20110129184343.jpg

ペン使用時はキャップを後ろに差さずに使っている。一度バランスを試すために差したところ、それだけで軸に結構な傷がついてしまったからだ。ちょっとした傷は銀磨きクロスで磨き込めば目立たなくすることができるのは、銀軸の利点でもある。ファイバーギョーシェは、総メタルや石が使われているソリテールのキャップに比べ、ファイバーの分だけ軽い。見た目よりも軽く程よい重さなので、使っていて疲れることがない。ペン先のコンディションも極上で、心地良いインクフローを維持。M-Nibの割りにはやや細字な感じで、全てがしっくりとくるペンだ。

DSC01743_convert_20110129184528.jpg

銀磨きクロスでこのペンを磨くときの至福な時間は何事にもかえられない。磨いたクロスはすぐに真っ黒になる。ピカピカになったペンを眺めるときの恍惚感。日々仕事で使えるとともに、疲れも癒してくれる最高のパートナーだ。
モンブラン アルチザンモデルに付属している特製のケースを入手。改造して2本差しのペンケースを製作してみた。

DSC01283_convert_20101226130337.jpg

以前から、ペリカンの2本差しペンケースPB-1を使っていて愛用していたのだが、ふたがフラットなため若干の隙間ができてしまう。そこで、お弁当用のゴムベルトで締めていた。

DSC01288_convert_20101226125952.jpg

私が求めていたペンケースは、1)ペン同士が干渉しないように仕切られている、2)ケースがハード、3)ふたの密封性が高い、の3点が条件だったのだが、なかなか良いのがない。ペリカンPB-1は3の条件を満たしてくれなかった。

DSC01289_convert_20101226130107.jpg

いろいろと探したところ、イタリアのVelnoというメーカーのPortofinoがかなり良さげだったのだが、ビッグサイズのペンが5本も入る大きなペンケースであることから、買うのを躊躇してしまった。途方にくれていたときに見つけたのが、モンブランの限定モデル、Artisan 114 Pearl Magic Beautyに付属しているハードケースである。革はクロコダイルで付属のペンケースとしては並外れた高級感がある。このモデルは、十数年前にリリースされた限定版で、童話「醜いアヒルの子」をモチーフにしたペンである。モンブランの「醜いアヒルの子」というと、白い卵の殻から金のくちばしで突き破ったモデルをよく見かけるが、パールモデルはネットでもあまり見かけることがない。数個の黒いパールの中に、1つだけ白いパールがある、というデザインになっている。さっそくこのペンケースを入手したところ、ペンを置くベースの部分はケースの側と完全に接着されていて簡単に外すことができない仕様になっていた。

DSC01266_convert_20101226125825.jpg

この接着をナイフで慎重に剥がそうとしたが、さすがはモンブランのアルチザンによる製作、完璧な施しがされていたため接着を剥がすのはとても困難であった。数時間の格闘の末、ようやくベース部分をくり出すことに成功。後日、ユザワヤで購入したベニヤ板とベルベット調の黒の布地を使い、内装を製作。ペン同士を仕切る部分を作るのは難易度が高そうだったが、ここで妥協してはいけないと思い、くり抜いたベースからウレタンを切り出し仕切りのベースに流用。布地を丁寧に貼りつけ乾燥。制作に要した時間は約5時間。ぱっと見、ハンドメイドとは思えない仕上がりに我ながら感動した。

DSC01269_convert_20101226130441.jpg

この世に一つしかない、モンブランの2本差しハードペンケースが完成。手間をかけて作ったペンケースの愛着度は、それはもう半端では無い。ホワイトスターもなんとなく輝いて見える。ホワイトスターの周りには丁寧にも「MONTBLANC」の刻印がなされていた。

DSC01285_convert_20101226130235.jpg

さっそくこのペンケースを仕事に使うと、何人かの方から「素敵な筆箱ですね」と声をかけられ、とても嬉しかった。
史上最も高級なマーカーペン、モンブラン マイスターシュテュック ドキュメントマーカー ハイライター ル・グラン 166のボルドー。

DSC01131_convert_20101217010843.jpg

このペンはいろいろと謎が多いことで有名。

第一の謎は、このようなとても売れるとは思えない不思議なペンをモンブランが商品化に成功したこと。なぜマーカーペンをラインナップに入れる必要があったのかを考えてみると、モンブランの意地のようなものを感じずにはいられない。しかも定番の黒だけではなく、ボルドー色まで出していた。ボルドー色のペンは、現在、モンブランのラインナップから全て外され廃版となっている。

DSC01137_convert_20101217011130.jpg

第二の謎は、これを所有する人である。定価は4万5千円。普通の人の感覚では、4万円以上もするマーカーペンを買おうなんていう人はかなり謎な人ではないだろうか。マーカーペンは千円でも高いと考えるのが普通の感覚である。しかしこのマーカーはリフィルだけで千円以上もする。

DSC01135_2_convert_20101217011649.jpg

第三の謎は、ペンのクリップの上部にある丸い目印である。ボルドーは丁寧なことにボルドー色の目印が付いている。推測するに、胸ポケットに他のペンと一緒に差した際、一目でマーカーだと分かるようにしたためだろう。しかし、なぜ数あるペンの中でマーカーだけがそのような配慮がなされたのだろうか。

そして第四の謎は、マーカーの色だ。マーカー色はなぜか黄色と緑色の2色のみである。マーカーというとまず思いつくのはピンクではないだろうか。ドイツでは違うのだろうか。黄色は許せるとして、緑を出す前にピンクを用意しろよと言いたくなる。しかもネットで見た情報では過去にピンクが存在していたらしい。本当かどうか分からない。何かの間違いかもしれない。

マーカーといえば、私の中ではピンクである。どうしてもこのアンバランスで謎が多く素敵なマーカーペンでピンクが使いたい。

DSC01138_convert_20101217011426.jpg

ということで、試行錯誤の末、ピンクを入れることに成功。やっぱりマーカーはピンクがいい。
ドイツの歴史ある製紙メーカー、グムンド(GMUND)のノートブックを購入。簡単にレビューしてみる。

DSC01117_convert_20101214022755.jpg

いままで、モレスキンを使っていた。と言っても昔からのユーザーではなくにわかである。今年の8月に買って、ようやく1冊使い切ろうとするときだった。最近購入した万年筆とどうも相性が悪い。この万年筆には、モンブランの純正インク、ミステリーブラックを入れているが、モレスキンの紙では文字が滲む、裏抜けがするでとても実用は困難だった。

一方、モレスキンは4ヶ月利用してきたが、何だか分からないがすごくしっくり合って手放せなくなっていた。一度、会社に忘れたときはパニクったこともあった。最近、結構モレスキンが流行っているようで、会社の人達もちらほらと使っているのを見かける。モレスキンはプレーンノートを使用していたが、本当にしっくり合った。この4ヶ月間、何度も出張したが、移動中、新幹線や飛行機、ホテルなどで、ちょっとした思い付きを書き込む。それが記録となって残る。仕事で使うノートながら、なんだが自分の時間の記録本のような気がして、嬉しかった。

さて、短い時間ではあるがモレスキンを愛用しつつ、それに変わるノートを探していたが、今ひとつ良いを見つけることが出来なかった。そこで出会ったのがグムンドである。

DSC01115_convert_20101214025327.jpg

この気高い雰囲気、ノートの域を超えている。さすがはドイツ製品。購入価格は約3,600円。144ページ。折丁は9つ、糸かがり綴じは5箇所。匂いは全くしない。

DSC01120_convert_20101214025842.jpg

モレスキン ハードラージと比べると、こんな感じ。若干、一回り大きい。

DSC01123_convert_20101214030442.jpg

最終ページには、紙のポケットがある。これは結構便利なので、嬉しい。グムンドのしっかりした紙で折り込まれている。

DSC01125_convert_20101214031019.jpg

上がモレスキンのプレーン、下がグムンド ノートブックMプレーン、ほぼ同じクリーム色。グムンドのほうが、ほんの若干明るい。

DSC01126_convert_20101214031532.jpg

モレスキンに書いた「絆」

DSC01127_convert_20101214031718.jpg

裏抜け。(Ink:Montblanc Mystery Black M-Nib)

DSC01128_convert_20101214032019.jpg

グムンドに書いた「絆」。滲みがなく、くっきりと描けた。

DSC01129_convert_20101214032400.jpg

裏抜けは全く無し。グムンドは、やや紙面のざらつきがあるので好みが分かれるところかもしれないが、Mニブでもすっきりくっきりと文字を書けるのは嬉しい。
ということで紙の品質はかなり高いと思われる。モレスキンは1冊のみの利用だったが、今後はグムンドを愛用したい。

DSC01112_convert_20101214032832.jpg

これはノートを買ったら特典として付いてきた、グムンドの紙の束。利用方法は分からない。ただのサンプルだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。